野球善哉BACK NUMBER

練習中は欲を持ち、試合では無欲に。
東海大相模の独特なメンタル指導法。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2015/08/19 19:00

練習中は欲を持ち、試合では無欲に。東海大相模の独特なメンタル指導法。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

「初回の点が非常に大きかった。しかし、それ以上に大きかったのは次の1点」と語った門馬敬治監督。

「東北へ初の優勝旗を!」という抗えない欲求。

 東海大相模が5年ぶりに進出した決勝戦の相手は、東北悲願の初制覇に燃える仙台育英である。

「東北へ初の優勝旗」の期待がある中で、仙台育英の佐々木順一朗監督が、常に話していたことがある。

「決勝戦だって意識するなっていっても、決勝戦なんです。それと同じくらい、東北に優勝旗を持ち帰るという期待は、勝ち上がれば上がるほどに出てくる。こちらが思わなくても、自然と思うような環境になっているんですから、そこはしょうがないと受け止めています」

 仙台育英には言わば「東北初の優勝」という避けがたい“欲”がある、ともいえる。「全国制覇を目指してきた」と仙台育英の選手たちが口々に言っている点では「一戦一戦大事に戦う」といっている東海大相模とは正反対の位置といえるかもしれない。

 欲を抑えた東海大相模。東北初という宿願に燃える仙台育英。

 両者の雌雄はどう決するか。

 決勝戦のプレーボールは13時。

関連コラム

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
3/3ページ
関連キーワード
仙台育英
東海大相模

ページトップ