野球善哉BACK NUMBER

準決、関東一vs.東海大相模を占う。
4投手併用と二枚看板の継投対決! 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2015/08/18 16:30

準決、関東一vs.東海大相模を占う。4投手併用と二枚看板の継投対決!<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

花咲徳栄戦では「監督生活で初めての敬遠策」をとった東海大相模の門馬監督。故・原貢氏ゆずりの「攻める野球」を身上とする。

 目の前のマウンドにいるのは1人のピッチャーだが、実は2人と戦っている――。

 そんな錯覚に陥る投手起用がある。

 2回戦でセンバツ覇者の敦賀気比(福井)を破った花巻東(岩手)が、まさに、そんな戦術を採った。

 花巻東はこの日、2年生・左腕の加藤三範を先発させ5イニングを投げさせたあと、6回からエースの高橋樹也を投入。センバツ王者の反撃を抑えて勝利したのだ。

 この時、試合後の花巻東・佐々木洋監督の言葉には唸らされた。

「加藤と高橋の2人は同じ左腕ですが、少しタイプが違うんですね。加藤は右足がついてから、少し間をおいて腕を振ってくるので、タイミングがとりにくい。高めに威力がある球を持っていて、なので、今日はポップフライが多かったと思います。エースの高橋は低めを意識させました。2人の投手が上手く投げてくれたと思います」

 いわば、“2人で1つ”の起用法が見事に機能した試合だった。

 花巻東のエース・高橋もその効果を次のように話している。

「加藤が相手打線に高めを意識させるようなピッチングをしてくれていたので、僕は低めを意識して丁寧に投げることで抑えられるんじゃないかと思っていました」

複数投手の継投策で勝ち進む東海大相模と関東一。

 準決勝の顔ぶれを見ると、どのチームも複数の投手を登板させている。

 仙台育英(宮城)と早実(西東京)は、どちらかというとエース格を先発させてから相手打線との当日の相性を見極めた上で投手を代えている印象だが、第2試合で対戦する東海大相模(神奈川)と関東一(東東京)は、また異なる投手起用法を見せている。

 ドラフト候補を2人も抱える東海大相模の投手陣は豪華のひと言。

 背番号「1」の小笠原慎之介は、甲子園初登板の舞台でストレートの最速が151キロを記録。これは、左腕投手としては辻内崇伸(元巨人)、菊池雄星(西武)に続く記録で、今大会の左腕としてはナンバーワンだ。スライダー、チェンジアップを低めに投げることもでき、非常にハイレベルな左腕といえる。

 背番号「11」の吉田凌は、昨夏の神奈川大会決勝で20奪三振を挙げたように、空振りが取れる切れのある変化球を武器としている。特に、右打者には強い。小笠原ほどのレベルのストレートこそ持たないが、緩急を自在に操れる好投手である。

【次ページ】 “二枚看板”の評判を利用して相手を欺く投手起用に。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
関東一
東海大相模
早稲田実業
仙台育英
甲子園
全国高校野球選手権大会

ページトップ