野球善哉BACK NUMBER

健大高崎の「機動破壊」今年も健在。
ただの盗塁ではない、状況判断の力。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2015/08/10 16:00

健大高崎の「機動破壊」今年も健在。ただの盗塁ではない、状況判断の力。<Number Web> photograph by Kyodo News

7回表、健大高崎1死一塁の時に宮本隆寛が二盗を仕掛けた。結局、今大会で寒川を含む四国勢は初戦ですべて敗退することに

 切れる。相当に頭が切れる。

 そう思わずにはいられなかった。

 昨夏「機動破壊」という言葉で一大センセーションを巻き起こした健大高崎(群馬)が持ち味の足を生かした攻撃で10得点の大勝。寒川(香川)を10-4で下し、幸先の良いスタートを切った。

 ディレードスチールあり、ダブルスチールありの戦いぶりは、「健大高崎の野球ここにあり」と強烈に印象付けた。

 彼らの戦いぶりを見て思ったのは、とにかく“野球脳”が鍛えられているということだ。

 走塁にばかりに目が行きがちだが、そのすべてのプレーにおいて、野球という競技の奥深さを熟知しているように感じられたのだ。

守備でも攻撃でも一瞬の判断で相手に先んじるプレーを。

 例えば、1回裏の守備。

 寒川は先頭の永福大揮が中前安打で出塁、2番・金川颯吾が送りバントを試みるが、ピッチャー前への小フライとなった。これを、健大高崎の投手・川井智也がわざとワンバウンドで捕球。一塁に転送して、ダブルプレーを成立させた。

 あるいは、3回表の攻撃。

 健大高崎の先頭打者・小谷魁星が中前安打で出塁すると、相手の警戒をかいくぐってディレードスチールを成功させる。チャンスを広げて無死満塁の好機を作ると、1番・春日優馬がショートの横を抜けるタイムリーを放つ。前進守備の遊撃手の横を抜ける痛快な先制打だったが、これにはしっかりとした裏付けがあった。

 殊勲の春日は言う。

「相手が前進守備なのはわかっていました。高めの球を叩くというチーム内の共通意識があって、相手が前進守備だったので、強く叩けば、抜けるだろうと思いました」

 この2点で主導権を握ると、後は、健大高崎のやりたい放題となった。

【次ページ】 「機動破壊」のさらに先にある能力とは?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
健大高崎
寒川
大阪桐蔭

ページトップ