プレミアリーグの時間BACK NUMBER

「最低限」補強は余裕の表れなのか?
チェルシーが過ごす静かな夏の裏側。 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/07/31 10:50

「最低限」補強は余裕の表れなのか?チェルシーが過ごす静かな夏の裏側。<Number Web> photograph by Getty Images

インターナショナル・チャンピオンズカップでバルサを下すなど、順調な調整を見せているチェルシー。モウリーニョ復帰2年目にしてプレミアを制覇、3年目はCLを狙う。

 プレミアリーグ連覇を狙うチェルシーが、静かな夏を送っている。ライバルと目される昨季トップ4の他チームと比べても、極めて移籍市場での動きが地味だ。

 昨季2位のマンチェスター・シティは、英国人選手としては過去最高の移籍金でラヒーム・スターリングを獲得した。アーセナルは、プレシーズン開始前の大物獲得はペトル・チェフだけだが、クラブ役員が「補強予算2億ポンド(約380億円)」をさらに仄めかす発言をしている。

 トップ4に復帰したマンチェスター・ユナイテッドでは、バスティアン・シュバインシュタイガーとモルガン・シュネイデルランの両MFを同時獲得するなど、実際に積極補強が進行中だ。

チェルシーの「最低限」補強が不安視されない理由。

 一方のチェルシーはというと、出場機会を求めて去ったチェフとディディエ・ドログバの穴埋めに、新GKとしてアスミル・ベゴビッチ、新FWとしてラダメル・ファルカオを獲得したのみ(執筆時点)。

 レンタル移籍のファルカオは“ビッグネーム”には違いないが、昨季プレミアでの評価が「失敗」であることから、マンU入りした昨夏のように「大物獲得」とは騒がれていない。実際、ドログバの昨季リーグ戦4ゴール1アシストに対して4ゴール4アシストというファルカオの数字などもあり、監督のジョゼ・モウリーニョと代理人が同じ縁で「傷物」を引き取ったとまで言われている。

 もともと、大掛かりな補強は必要とされていなかった。チームには、昨季開幕1カ月目から首位をキープして優勝を果たした実力がある。とはいえ、この「最低限」の補強が巷で「余裕」の表れと評価されているのは、やはりモウリーニョのおかげだろう。名将による「効率的な補強」と見られることで、控え目な補強の本当の理由がカモフラージュされているのだ。

【次ページ】 スタジアム建替えで950億円が必要な懐事情。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
マンチェスター・ユナイテッド
チェルシー
ジョゼ・モウリーニョ
アーセナル
マンチェスター・シティ

ページトップ