私とDo 特別編BACK NUMBER

<トレラン、Q&Aで教えます!> レース出場前に知っておきたい10のこと。 

text by

礒村真介

礒村真介Arimura Shinsuke

PROFILE

photograph byShiro Miyake

posted2015/07/09 10:30

<トレラン、Q&Aで教えます!> レース出場前に知っておきたい10のこと。<Number Web> photograph by Shiro Miyake
トレラン、わからないことが多くて……。
ビギナーが抱く大会参加前の疑問に
トレラン経験豊富なライターが答えます。

本日発売の雑誌Number Do EXTRA『TRAIL RUNNING RACE GUIDE』より、
トレイルランニング初心者に向けた“ノウハウ”を一部公開します!

Q1.出たいレースに簡単にエントリーできるの?

 ハイもちろん! ……とお答えしたいところですが、そうもいかないのが実際のところ(残念)。

 まず第一に、トレイル=山道は舗装路にくらべると格段に狭く、1人しか走れないところが多いんです。そのため、多くの大会がキャパシティ面に配慮し、100名単位の人数設定をするなど、定員1万人越えも珍しくない都市型マラソンとは大違い。そのため募集開始日にすぐ定員締切となる人気大会も多数。ロードと同じく「クリック合戦」と言われています。最近は抽選の大会もちらほら。

 確実にエントリーするためには、募集開始日時を調べておき、開始と同時にネット経由でカード決済してしまうのがベターです。

 100km前後のレースでは過去に相応のレース完走経験が求められるなど、エントリーに一定の条件を設けている大会も。その条件なども、この名鑑では説明しています。

トレランはロード用シューズで走ってもいいけど……。

Q2.トレラン専用シューズじゃないとダメ?

 わかりますその気持ち。トレランシューズ、安くないですからね。先に答えを言うと、ロード用シューズで走ってもルール違反にはなりません。専用シューズがあるにこしたことはありませんが、ロード用でもある程度走れてしまうし、岩場など難所では歩けばいいだけ。レースで上位に入る実力者の中には、軽さや脚さばきを優先してロード用で走る猛者もいるんです。

 ただし、泥の上でのグリップ力や斜面での踏ん張りやすさはトレランシューズの方が圧倒的に上。路面の凸凹から来る突き上げや衝撃を和らげるためのパーツが内蔵されていたりもします。ロード用で走る上級者は、体力も技術も十分だから入賞できるんです。

 トレイルを快適かつ安全に走りたいなら専用シューズがオススメですが、初心者向けレースに参加して、必要性を体感してから買ってもいいかもしれませんね。

【次ページ】 走力より一日に長時間を動き続ける体力が必要。

1 2 3 NEXT

ページトップ