ブックソムリエ ~新刊ワンショット時評~BACK NUMBER

ナイーブな少年、最速アスリートになる。
~『ウサイン・ボルト自伝』を読む~ 

text by

幅允孝

幅允孝Yoshitaka Haba

PROFILE

photograph byWataru Sato

posted2015/07/01 10:30

ナイーブな少年、最速アスリートになる。~『ウサイン・ボルト自伝』を読む~<Number Web> photograph by Wataru Sato

『ウサイン・ボルト自伝』ウサイン・ボルト著 生島淳訳 集英社インターナショナル 2300円+税

 ジャマイカのコクシースという人里離れた美しい村。西インド諸島からの逃亡奴隷「マルーン」が守備要塞として使い、イギリス軍と戦ったこの場所に、最速の男は生を受けた。ちなみに産まれた時から彼は9.5パウンド(約4300g)もあったらしい。

『ウサイン・ボルト自伝』は、現在のところ霊長類最速の男が初めて語るバイオグラフィ。意外にママっ子だった幼少期の回顧や、破天荒で厳しい父。信仰に関する正直な告白もあれば、さぼり癖が抜けないと自認する場面もある。つまり、ボルトの物語は実に正直で潔い。

天然自然児が、勝者で居続ける精神力を身につけて。

「俺」という一人称で自身の活躍を語る点は、『I AM ZLATAN』等の英雄録に近い第一印象。けれど、初の海外遠征でホームシックにかかり涙を流し、人生で初めて飲んだ炭酸水に驚愕する少年のナイーブさは、どちらかというと可笑しみを誘う。14歳で身長は187cmまで伸びたのに、心はまだ子供だったのだ。

 その後、様々な紆余曲折を迎えるボルトだが、コーチを変えて心機一転。持病の脊椎側彎症ともうまく付き合う。だが、2007年から100mに出場し始めた理由が、苦しい400mを走りたくなかったというのだから、つくづく読めない男だ。ところが、彼は100mのレースを始めた1年後に世界記録保持者に。そして、迎えた北京五輪の結果は皆がよく知るところだろう。

 後半部分の見所は、ボルトが確立した勝者で居続けるための精神の保ち方。天然自然児がアスリートになっていく過程こそが稲妻のようだった。

関連コラム

関連キーワード
ウサイン・ボルト
リオデジャネイロ五輪
オリンピック

ページトップ