ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~BACK NUMBER

詳細な考証で解き明かす子規の野球パイオニアぶり。
~偉大なる文人のベースボール論~ 

text by

馬立勝

馬立勝Masaru Madate

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2015/06/30 10:00

詳細な考証で解き明かす子規の野球パイオニアぶり。~偉大なる文人のベースボール論~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『正岡子規 ベースボールに賭けたその生涯』城井睦夫著 紅書房(現在絶版)

 子規の野球好きはよく知られる。ただし、最も有名な話が、ベースボールを自分の幼名の升のぼるに重ね“野ボール=野球”と訳した「野球の名付け親」という誤解なのが困る。34歳で亡くなった偉大な文人と野球の関係は、この伝説だけで十分……という感じなのだ。本書は、子規が日本野球の草創期に「バット一本球一個を生命の如くに」思ってプレーし、野球用語の翻訳を試み、観戦の楽しみまで筆を執って伝え、その普及に努めた日本野球のパイオニアの一人だったことを訴える。

 子規と野球との出会いは松山から上京した明治16年(1883年)頃だった。練習の場所は日本初の組織的な野球チームの新橋アスレチック倶楽部のグラウンド。このチームを創ったのが米国帰りの鉄道技師・平岡熙(ひろし/殿堂入り)だ。一高の子規の同窓には、「野球」の訳語を創案した中馬庚(ちゅうま・かのえ/殿堂入り)もいた。

子規はキャッチャーを「攫者」と記していた。

「野球」は子規の雅号の一つだが、ベースボールとしては終生使わなかった。子規の随筆、書簡など多くの文献で明治中期ごく少数のエリート学生を中心に広まる野球と共にある子規の姿が浮かび上がる。

 随筆集『松蘿玉液』(しょうらぎょくえき/岩波文庫)に日本野球史上重要な一文がある。新聞『日本』に連載されたのだが、子規の野球渡来は明治14、15年説に、好球生と名乗る読者が「野球の来歴」との投書を寄せた。子規はこの投書に自分のおぼろげな記憶を正してくれた、と添書きを付け全文掲載した。これで野球の渡来が明治5年(1872年)H・ウイルソン(殿堂入り)によると判明した。子規がプレーした試合のスコアカード、「球戯の番附」では、子規は「攫者=キャッチャー」だった。詳細な考証に著者の情熱がみなぎる野球人・子規に光をあてた労作。

 本書は子規の殿堂入り前に俳句雑誌に連載された。著者には「野球の名付け親」の誤解訂正と、殿堂入り推進の思いもあったのではないか。司馬遼太郎が『坂の上の雲』で中馬庚を「野球」の訳者といわれるとしながら、その15ページ(文庫)あとで子規を訳者とした“ミス”を嘆く著者に、そんな想像をした。

関連コラム

関連キーワード
正岡子規

ページトップ