SCORE CARDBACK NUMBER

車いすテニス・国枝慎吾がナンバー1である理由。
~全仏単複2冠、次は完全制覇を~ 

text by

吉松忠弘

吉松忠弘Tadahiro Yoshimatsu

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/06/26 10:00

全仏での単複2冠は5年ぶり。ダブルスはグランドスラム4大会連続優勝という快挙達成。

全仏での単複2冠は5年ぶり。ダブルスはグランドスラム4大会連続優勝という快挙達成。

 車いすテニスの男子シングルスで、世界1位の国枝慎吾(ユニクロ)が、全仏で単複2冠を達成した。1月に行われた全豪に続き、四大大会で2大会連続、すべての種目を制したことになる。

「今、最も充実している。心技体がそろってきた」。しかし数々の歴史を塗り替えてきたその国枝でさえ、実は成し遂げていない大記録がある。

 車いすテニスの現在の四大大会は、'09年に制定された。一般の四大大会すべてが車いすテニスを種目として採用し、シングルスは、開催時点での世界ランク上位8人、ダブルスは上位4組しか出場権がない最高峰に位置づけされた(ウィンブルドンだけはシングルスを種目に加えていない)。国枝はまだ、年間で四大大会すべての種目を制したことがない。

 最も近づいたのが'14年だ。全仏のダブルスを除き、すべて優勝。国枝は「ダブルスはペアがあってのこと。個人の力だけではどうしようもない」と語る。しかし、常にどん欲で、新たな技術を開発し、すべての試合に全力投球で挑む国枝が、誰も成し遂げたことがない年間四大大会完全制覇を狙っていないわけがない。

トップスピンにスポンサー探し……プロの矜持を胸に。

 国枝の強さの源は、過去の車いすテニス選手の誰よりも、アスリートとして生きようとする姿勢にある。'76年に産声を上げた車いすテニスは、他の障害者競技と同様に、当初はリハビリの一環だった。

 しかし、現在、車いすテニスを障害者競技としてとらえるテニス関係者は少ない。あくまで一般の単複などと同じ種目のひとつで、選手はアスリートとして認識される。国枝も「用具として車いすを使っているだけ」と言う。

 国枝は、逆回転のスライスが主流だったバックハンドに、順回転のトップスピンを取り入れ世界1位になった。今では男子選手のほとんどがトップスピンを打つ。ユニクロと所属契約をし、1人のプロアスリートとして、自活の道も切り開いた。アスリートならば、自らの体を鍛え、プロとしてスポンサーを探し、勝つために新たな技術に取り組むのは当然だ。

 歴史が浅い車いすテニスには、まだ改良の余地が多くある。年間四大大会完全制覇は、一般でも誰も成し遂げていない。しかし、先覚者の国枝にとっては、その大記録も、アスリートとして向上するための通過点に過ぎないのだろう。

関連コラム

ページトップ