サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

スタメンにロンドン世代が11分の3。
「ロシアの主役」の台頭はまだか。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2015/06/19 10:40

スタメンにロンドン世代が11分の3。「ロシアの主役」の台頭はまだか。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

シンガポールにまさかの引分を喫し、2次予選の厳しいスタートを切ったハリルホジッチジャパン。この停滞感を吹き飛ばすには、新勢力の台頭が必要だ。

 11分の3。

 スコアレスドローに終わったシンガポール戦で、ロンドン五輪世代がスタメンで出場した人数である。試合結果は衝撃的だったが、この数字も物足りなさを感じる。

 昨年のブラジルW杯でメンバー入りしたロンドン五輪組は、大迫勇也、清武弘嗣、山口蛍、齋藤学、酒井宏樹、酒井高徳、権田修一ら7名だった。しかし、レギュラーとして試合に出場できたのは山口だけ。主力選手との差を埋められず、大迫と清武以外の選手は出場時間がゼロに終わった。GL敗退が決まった翌日、彼らはボールを蹴りながらその悔しさを噛み締め、「次(ロシア)はオレたちが中心になってやる」と決意したのである。

 そして今回、ロシアW杯2次予選に招集されたロンドン世代は権田、酒井宏、酒井高、清武、山口、大迫、柴崎岳、原口元気、宇佐美貴史、永井謙佑の10名。だが、予選のシンガポール戦でスタメンでピッチに立った選手は酒井宏、宇佐美、柴崎のみ。北京五輪組がブラジルW杯予選から主力になったように、ロシアW杯はロンドン世代の彼らが成長し、主力になっていかなければならない。だが、状況は1年前と変わっていないのだ。

 ロンドン世代の選手たちは、現状をどう受け止めているのだろうか。

「すぐに代える」候補に名指しされた酒井高徳。

 酒井高は、「現状は厳しい」と端正な顔を歪めた。

「ブラジルから1年経って、個人的にはネガティブかもしれないけど、あまり成長できていない。ドイツで最後の方は試合に出られなかったし、練習の中でも工夫はしているけど、やっぱり試合に出ていないと成長できないんで……。自分らの世代がやらないといけない気持ちはあるけど、その前に自分が試合に出られるようにならないと何も始まらないというのが正直なところですね」

 今年1月のアジアカップでは右サイドバックとして出場した。だが、ハリルホジッチ監督になってからはポジションを掴めず、シュツットガルトでも出場機会を失った。そのため、ハリルホジッチ監督に「いいサイドバックがいれば、すぐに酒井と代える」とまで言われ、崖っ縁に立たされている。

「これからは下の世代からどんどん良い選手が出てくる。自分の居場所がなくなるという恐さがあるけど、日本にとってはすごくプラスなことだと思う。ただ、そこで自分は負けるつもりはないし、自分が出るんだ、自分がポジションを取るんだという気持ちで練習も試合も100%でやっていくスタンスはこれからも変わらない。とにかく結果を出していかないと代表に入れないと思うんで、ドイツに戻って必死にやるしかないですね」

 酒井高は厳しい状況を打開すべく、まずはクラブでのスタメン獲得を狙う。

【次ページ】 山口「同世代うんぬんよりも、競争に勝つこと」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
大迫勇也
清武弘嗣
山口蛍
柴崎岳
酒井宏樹
酒井高徳
宇佐美貴史
原口元気
ロンドン五輪
ロシアW杯

ページトップ