Number ExBACK NUMBER

「3位でも、優勝のようなものだ」
シメオネが語る哲学とクラブへの愛。 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byTomoki Momozono

posted2015/06/13 10:40

「3位でも、優勝のようなものだ」シメオネが語る哲学とクラブへの愛。<Number Web> photograph by Tomoki Momozono

2011年12月からアトレティコの指揮を執るシメオネ。来季はどのようなサッカーを見せてくれるのだろうか。

 ルイス・エンリケ率いる新体制でバルセロナがリーガ、国王杯、そしてチャンピオンズリーグの3冠を制して終えた今季のヨーロッパサッカーは、バルサのMSN、レアル・マドリーのBBCなどストライカーたちの活躍が目についた1年でもあった。

 その一方で、監督としては未知数だったバルサのルイス・エンリケ、知将らしいしぶとさでCL決勝の舞台まで駒を進めたユベントスのアッレグリ、個性的な選手たちと強い絆を育んだレアル・マドリーのアンチェロッティ、今季も新たな形に挑戦し続けたバイエルンのグアルディオラなど、監督たちの個性も際立っていた1年ともいえる。

真価を問われるシーズンとなったシメオネだが……。

 なかでも今季も目を離せなかったひとりが、リーガ・エスパニョーラのディフェンディングチャンピオンであり、昨季CL準優勝のアトレティコ・マドリーを指揮する、ディエゴ・シメオネだ。

 バルセロナとレアル・マドリーがタイトルをわけあう「2強」体制が長く続いていたスペインで、昨季のアトレティコの優勝は“サプライズ”以外のなにものでもなかった。それだけでなく、CL決勝では、同じマドリードをホームタウンとするレアル・マドリーに敗れたものの、堂々の準優勝。

 しかも監督が現役時代は「悪童」と呼ばれたアルゼンチン人のディエゴ・シメオネとくれば、「ラッキーなタイトル」とライバルチームのサポーターが皮肉を言いたくなるのも当然だ。シメオネがその手腕の真価を問われるのは、タイトルを獲った翌年――つまり、2014-15シーズンに他ならなかった。

 1年前の躍進を支えたエースのジエゴ・コスタやベテランのダビド・ビジャ、守護神ティボウ・クルトワ、サイドバックのフィリペ・ルイスら主力を根こそぎオフの移籍で失い、明らかにダウンした戦力で、今季もリーガとCLというタフな2つのタイトルを争わなくてはいけない。厳しい結果が待ち受けていると予測した人も少なくなかった。

【次ページ】 「今季は満足できるシーズンだった」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ディエゴ・シメオネ
アトレティコ・マドリー

ページトップ