メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

イチローの偉業を継承するために。
青木宣親もまた“特別な存在”だ。 

text by

ナガオ勝司

ナガオ勝司Katsushi Nagao

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/06/16 10:50

イチローの偉業を継承するために。青木宣親もまた“特別な存在”だ。<Number Web> photograph by AFLO

日本での通算打率は.329、メジャーでの通算打率は.287。しかし今季の青木宣親は、.330を越える打率を記録している。メジャーでの200本安打も視野に入ってきた。

 イチローには、なれない――。

 きっと誰もがそう思う。イチローは特別だから、特別な才能を持った野球選手だから、誰もイチローのようには打てないし、誰にもイチローのような成績は残せやしない。イチローに憧れた世代=イチロー・チルドレンと呼ぶべき世代のプロ野球選手でさえ、そう思っているのではないか。

 だが、本当にそうなのだろうか?

 ジャイアンツの青木宣親がメジャー挑戦4年目の今季、打撃好調を維持している。6月10日時点で打率.333はナショナル・リーグ4位。今季通算74安打はリーグ2位である。

 メジャーリーグに挑戦した日本人野手で、規定打席に達しながら4年目に打撃タイトルを狙える位置まで成績が向上したのは、過去にイチローただ一人だけだった。メジャー挑戦4年目はなぜか、日本人野手にとっての一つの壁となっており、メジャー挑戦そのものが4年で終わってしまう選手も多い。

 最初の3年間で成績を徐々に下降させていた青木もまた、その流れにのみ込まれていた。

表:青木の大リーグ3年目までの成績と今季の比較

【次ページ】 打球の強さがこれまでの3年間とは全く違う。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
青木宣親
イチロー

ページトップ