沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

「一強」ドゥラメンテの最大の死角とは。
超良血馬集結の日本ダービーを読む。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2015/05/30 08:00

「一強」ドゥラメンテの最大の死角とは。超良血馬集結の日本ダービーを読む。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

皐月賞を圧倒的な末脚で制したドゥラメンテ。5戦3勝2着2回と連をまだ外していないが、敗れた2戦はいずれもダービーの舞台である東京競馬場だ。

 皐月賞を驚異的な末脚で制した駿馬が二冠獲得を目指し、同じ祖母を持つ超良血馬も覇権を狙う。また、全勝で臨んだ皐月賞で敗れ、巻き返しをはかる馬たちもいれば、これが最後のダービーとなる伯楽も有力馬を送り込んでくる――。今年の「競馬の祭典」第82回日本ダービー(5月31日、3歳GI、東京芝2400m)は、実に見どころが多く、ハイレベルな戦いになりそうだ。

 下馬評では、皐月賞の4コーナーで、馬数頭ぶん横っ飛びするような格好になりながら、直線で前をまとめてかわしたドゥラメンテ(牡、父キングカメハメハ、美浦・堀宣行厩舎)の「一強」ムードだ。

 確かに、衝撃度としては、スタート直後に大きく躓きながら圧勝した、10年前のディープインパクト級の勝ち方だった。

 ディープは、無敗のままダービー、菊花賞を制し、三冠馬となった。

M・デムーロがドゥラメンテに感じる本物の手応え。

 ドゥラメンテもここを勝ち、'11年のオルフェーヴル以来の二冠馬(オルフェも三冠馬となった)となることができるのか。

 その可能性は小さくないだろう。皐月賞の4コーナーの横っ飛びは、他馬の進路を妨害することになったが、ドゥラメンテ自身にとっても大きなロスだった。言ってみれば、自分で不利を抱え込んだわけだが、にもかかわらず、中山の短い直線で鬼のような脚を使い、2着を1馬身半突き放したのだから、普通ではない。

 また、主戦のミルコ・デムーロは、この馬の調教に初めて乗ったころから「ネオユニヴァースのようだ」と言っていた。ネオは、自身の手綱で皐月賞、ダービーの二冠を制した名馬である。私の記憶違いでなければ、'13年の皐月賞を同じく自らの手綱で勝ったロゴタイプに関しては、ネオに言及することはなかった。

 デムーロは、走る馬ならなんでも「ネオのようだ」と言うわけではない。ドゥラメンテに関しては、本当にネオ級の手応えを感じているのだろう。

【次ページ】 ドゥラメンテが府中を走る時の問題とは?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
ドゥラメンテ
ポルトドートウィユ
レーヴミストラル
リアルスティール
サトノクラウン
サトノラーゼン
キタサンブラック
ミュゼスルタン

ページトップ