テニスPRESSBACK NUMBER

錦織圭が全仏初戦で“凡戦”を演出!?
ピークを大会2週目に持ってくる理由。 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2015/05/25 11:30

錦織圭が全仏初戦で“凡戦”を演出!?ピークを大会2週目に持ってくる理由。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

昨年は故障が癒えぬままに初戦敗退を喫している全仏。「いい準備ができました」と大会前に語った錦織に、大いに期待したい。

 メインコートに次ぐ格のコート・スザンヌ・ランランに、ポールアンリ・マチュー(フランス)がまず入場。続いて錦織圭が姿を現した。

 5月24日、全仏オープン1回戦。マチューは2008年に世界ランキング自己最高12位をマークした33歳。地元のベテランに応援が集まり、錦織が“完全アウェー”の戦いを強いられることも考えられた。しかし、選手を迎えるファンの拍手、歓声はほぼイーブンだった。

 今大会の優勝候補の一人にも挙げられる錦織は、フランスでも認知度は急カーブで上昇しているらしかった。

全仏初戦。番狂わせを招かぬよう、慎重に戦った錦織。

 第1セットの立ち上がり早々、試合が動いた。1-1からのマチューのサービスゲームをブレーク。

「イェイ!」

 錦織が太い声で吠えた。

 試合序盤にこうして気合いを入れるのは珍しい。試合後の会見で錦織が心境を明かした。

「いいポイント(の取り方)で、ディフェンスでしのいでブレークできたので、いつもより喜びは大きかった」

 この先制パンチが大きかった。

 地元選手はのせてしまうとやっかいだ。観客の後押しで普段以上の力を発揮するからだ。これは、相手の出鼻をくじき、観客の期待をしぼませる、大きなブレークだった。マチューも「ブレークが早すぎた」と悔やんだ。

 序盤はミスが目立った錦織だが、スコアで先行したことで、次第に安定感が出てくる。第1セットは錦織が2度目のブレークに成功して6-3で奪った。第2セットも錦織が2-0と先行。一方的な試合展開になろうとしていた。

 だが、ここでマチューが踏ん張った。

【次ページ】 錦織はマチューの捨て身のプレーへ冷静に応えた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
錦織圭
全仏オープン

ページトップ