プレミアリーグの時間BACK NUMBER

今季も大激戦のプレミアの残留争い。
最後の鍵を握るのはファーガソン? 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/05/16 10:50

今季も大激戦のプレミアの残留争い。最後の鍵を握るのはファーガソン?<Number Web> photograph by Getty Images

“降格候補”5チームのなかでは、プレミア常連のニューカッスル主将のコロッチーニだが、果たして残留を掴み取れるか。

 プレミアリーグの残留争いは、最終節までもつれ込む接戦が当たり前。今季も例外ではなく、ハル、ニューカッスル、サンダーランド、レスター、アストンビラの5チームが「残る降格1枠」という貧乏くじを引く不安を抱えて今季最後の2週間を迎えている。

 一足先に第36節で降格が決まった2チームは、共に昇格組のバーンリーとQPR。そう聞けば、イングランドのサッカー界でよく言われる「調子の良し悪しは一時的。格の高低は永久的」という表現がずばり当てはまるようにも思える。

 だが現実はさらに厳しく、バーンリーは開幕からほぼ降格圏内に定住し続けた。QPRも、マンチェスター・シティに打たれっぱなしの6失点で2部に蹴落とされるまでの36試合で、連敗は何度もあったが連勝は1度も記録できなかった。復帰1年目の両軍には「格」も「好調」もなかったのだ。

 そして3クラブめの降格を巡る2試合の短期決戦ともなれば、決め手となるのはクラブの「格」よりもチームの「調子」だろう。残留が決まっていない5チームの中で、プレミア常連としてのステータスは最高のニューカッスルと、今季昇格組の一員であるレスターを比べた場合、後者の降格回避がより現実的なのだ。

ここ9試合で8敗1分と絶不調のニューカッスル。

 ニューカッスルは、3月以降の8連敗を含む9試合で獲得したポイントは「1」。36節を終えて得失点差でも5チーム最低の「-24」だ。

 対するレスターは、4月以降の7試合で18ポイント獲得に成功した。3ポイントを重ねたい時期に、それまでしばし「ゴール欠乏症」に悩んでいたレオナルド・ウジョアとジェイミー・バーディーの両FWが、合わせて5ゴール5アシストと回復の兆しを見せた点が大きい。結果として、昨年11月末以来根を張っていた最下位から15位まで浮上したチームには、5チーム中で最大の残留実現への自信が芽生えてもいるはずだ。ホームでの最終節で今や「サンドバッグ」状態のQPRを確実に叩けば、勝ち点は「残留マジックナンバー」として知られる「40」に到達する。

 同じ事はアストンビラにも言える。5年連続で残留争いに巻き込まれているチームを「古豪」と呼ぶのは憚られるが、2月後半の監督交代を境にチームのムードは一変した。

 ティム・シャーウッド新体制下で、ここまでリーグ戦2得点と冬眠状態だったクリスティアン・ベンテケが覚醒。3月以降の9試合出場で10得点と、頼れる主砲の姿を取り戻している。5月16日の37節はアウェイでのサウサンプトン戦だが、2連勝中の自軍に対して敵の調子は引分けを挟んで3連敗と下降線。ホームにバーンリーを迎える最終節を待たずに勝ち点3を手にし、降格回避決定を意味する「41」にポイント数を伸ばしても不思議ではない。

【次ページ】 「降格当確」と言われるハルはトッテナム戦が希望。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
ハル
ニューカッスル
サンダーランド
レスター・シティ
アストンビラ
アレックス・ファーガソン

ページトップ