サッカーの尻尾BACK NUMBER

グアルディオラはCLを諦めたのか。
メッシに屈した試合後の微笑と言葉。 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byFC Barcelona via Getty Images

posted2015/05/07 11:40

グアルディオラはCLを諦めたのか。メッシに屈した試合後の微笑と言葉。<Number Web> photograph by FC Barcelona via Getty Images

試合後のグアルディオラ(左)とルイス・エンリケ。スピードを誇る選手のリベリーやロッベンを怪我によって欠いたことも敗因に挙げざるを得なかったグアルディオラ。

 試合後のグアルディオラの声には力がなかった。

「1-0や2-0の敗戦であれば可能性はある。だが、3-0は非常に難しい」

 顔なじみの地元テレビのレポーターが、精一杯、気の毒そうに聞いた。“アウェーで点を取らなければ決勝に行くことは不可能と言っていましたが、その考えは変わらない?”

 すると指揮官は微笑みを浮かべて、「ああ。CLではアウェイゴールがものをいうから」と言った。突破の可能性はほとんどない、とでも言うように。 

試合後半の途中までは、バイエルンが支配していた。

 ボールを支配し、アウェイゴールを奪う――。

 これがCL準決勝1stレグを翌日に控えた前日会見でも語った、グアルディオラの第1戦における目標だった。

「ボールを支配すること」に関しては、バイエルンはある程度達成できたといえる。

 まずは3バック&マンツーマンという奇策でバルサとカンプノウの観客を驚かせた。右に開くベナティアはネイマール、中央のボアテンクはスアレス、左CBとして起用されたラフィーニャはメッシについた。ボールの出所のブスケッツにもミュラー、レバンドフスキらが激しく詰め寄る。裏へのパスでスアレスに抜け出されたため、前半15分にはリスクが高いと見て4バックへ変更したが、その後も主導権はバイエルンが握っていた。

 チームのへそ、ブスケッツに前を向かせないことを徹底。低い位置から縦パスをいれさせないために、バルサの中盤に蓋をした。バルサのゴールキックでも、バイエルンが前線から数人で詰めて繋がせない。

 グアルディオラは「前半はとてもよく機能していた」と振り返っている。

 それでも訪れた決定機にはノイアーが立ちはだかっていた。スアレスとアウベスの2度の1対1を止め、裏へ抜けるネイマールへボールが通った際には、持ち味の飛び出しでピンチを未然に防いでもいる。

 バルサは前に急ぐだけ――試合後半の途中まではバイエルンの方が思い通りに試合を進めていた。

 しかし、そんな展開に劇的な変化が訪れたのは、後半の半ばのこと。前日のグアルディオラの言葉が現実になった瞬間でもあった。

【次ページ】 グアルディオラ「メッシを止める術はない」。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
バルセロナ
バイエルン・ミュンヘン
リオネル・メッシ
ジョゼップ・グアルディオラ
メディ・ベナティア
ネイマール
ルイス・スアレス
ラフィーニャ
セルヒオ・ブスケッツ
ロベルト・レバンドフスキ
マヌエル・ノイアー
ダニエウ・アウベス
ファン・ベルナト
イバン・ラキティッチ
アンドレス・イニエスタ
ルイス・エンリケ
トーマス・ミュラー

ページトップ