球道雑記BACK NUMBER

ドラ2・田中に隠れたロッテのドラ1。
中村奨吾、快挙の裏にひそむ「黙々」。 

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2015/05/01 16:30

ドラ2・田中に隠れたロッテのドラ1。中村奨吾、快挙の裏にひそむ「黙々」。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

天理高校時代に甲子園に3度出場し、早稲田大学時代には日米野球オールジャパンにも選ばれていた中村。

 色めき立つ周囲の反応をよそに、彼は実にさばさばとその瞬間を振り返った。

「たまたまです」

 自身のプロ入り初本塁打は、チーム初、そして球界9人目となる「新人選手の初回先頭打者本塁打」の快挙となったが、そうした名刺代わりの一発にも、中村奨吾は、気持ちの高揚を抑え、むしろ淡々とその感想を述べていた。

「取材する方も仕事で来ているので……」

 元々、自身の結果、成績についてはあまり語りたがらない性格である。

「評価は周りの方がしてくれることなんで、自分で良いのか、悪いのかというのは考えないようにしています。なので調子はどうですか? と質問されても自分はいつも『普通です』、『たまたまです』と返すようにしています」

 そういう意味ではある種、記者泣かせとも言える。それは当人も重々承知の上で、こう続けた。

「そう言っていつも取材をしてくれる方を困らせてしまうのですが、でも取材する方も仕事で来ているので、それに応えなきゃいけないというのも理解しています。ただ、野球なんで調子が良いときも悪いときも、結果が出るときも、出ないときもあるので、一概に、今日は良いとか、悪いは言えないなというのはありますし、答えたくないのもあります。

 そこは一打席、一打席で変わってきますし、いい結果が出たらいいと言えますが、次の打席でダメでも普通ですと答えるようにもしているんです」

京大卒・田中英祐の高い話題性の陰で、黙々と。

 思えば昨年10月のドラフト会議から、中村は話題性という点で、ずっと同期入団の田中英祐の陰に隠れていた。

「京都大学初のプロ野球選手」

「球団史上2番目の大入り満員のなかでプロデビュー」

 本人の思いとはよそに、次から次へと話題が尽きない同僚を傍目に、中村は自分のやるべきことをただ黙々とこなしていた。

【次ページ】 今江、鈴木らチームの顔が、中村の前に立ちはだかる!

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
中村奨吾
千葉ロッテマリーンズ
山田哲人
伊東勤
今江敏晃
鈴木大地

ページトップ