沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

有力馬が不安を抱える天皇賞・春。
淀の高速馬場で波乱は起こるのか? 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2015/05/02 08:00

有力馬が不安を抱える天皇賞・春。淀の高速馬場で波乱は起こるのか?<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

管理する佐々木晶三調教師も「マイラーっぽくなっているというのかな」と語るキズナ。凱旋門賞4着の意地を見せられるだろうか。

 復権を狙うスターホースの前に、GI5勝の古豪、重賞連勝中の4歳馬、そして昨年の2着馬といった強者たちが立ちはだかる。5月3日の第151回天皇賞・春(4歳以上GI、京都芝外回り3200m)は、熱く、激しい戦いになりそうだ。

 日本を代表するスーパースターのキズナ(牡5歳、父ディープインパクト、栗東・佐々木晶三厩舎)は、昨年の天皇賞・春で単勝1.7倍という1番人気に支持されながら4着に終わった。レース後に骨折が判明し、長期間の休養を経て臨んだ今年初戦の京都記念は3着、つづく前走の大阪杯は2着。4、3、2着と来ているのだから今度こそ、と期待したくなる。

 昨年の天皇賞・春は骨折の影響があったと思われ、京都記念は体が立派すぎ、大阪杯は不良馬場が合わなかった。敗因がはっきりしているということは、それらをとり除けば勝利に近づけるわけだから、歓迎材料と言える。叩き3戦目の今回は、前2走で見られたような不安要素は、ほぼなくなった。

3200mの距離、京都の高速馬場と、キズナに不安要素が……。

 と言いたいところだが、ここに来て、3200mの距離を不安視する声がちらほらと聞こえるようになってきた。管理する佐々木調教師も「去年のレースを見ると、距離が長すぎたのか、骨折していた影響だったのか、わかりません」と微妙な言い回しをしている。

 確かに、ダービーや、同年秋にフランスのロンシャン競馬場で行なわれたニエル賞の勝ち方を見ると、ベストは2400mなのかもしれない。が、タフなロンシャンの2400mであれだけ走れるのだから、日本の軽い芝の3200mなら充分こなせるはずだ。昨年のこの時期も同じことを言っていたような気がするが、今年も繰り返し言いたい。距離は問題なくこなせるだろう。

 騎乗する武豊は、距離適性よりも、「今の京都の、高速決着になる馬場コンディションでどうか」と話している。淀みのないペースで前のほうにつけた馬が、そのまま流れ込んでしまう、出入りの少ない、淡白なレースになりがちな馬場状態。序盤は自分のリズムを優先して力を溜め、ラストスパートで前をかわし、ゴールのときトップスピードに達する競馬で勝ってきたキズナにとっては最良のコンディションとは言い難い。それでも、武が、「今さらこの馬のスタイルを変えるつもりはないし、思い切って乗りたい」と言っているように、自分の最大限の力を出せる走り方をするだろう。

 陣営は早くから凱旋門賞への再度の参戦を表明しており、武も「フランスに行くときには、日本最強馬として胸を張って行きたい」と意気込んでいる。

 キズナが負けた京都記念と大阪杯のゴール前は、重賞とは思えないぐらい歓声が小さく、たくさんの人が落胆していることがよくわかった。今回は、大歓声のなかでゴールできるか、注目したい。

【次ページ】 GI5勝のゴールドシップ、京都では分が悪いが……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
キズナ
ゴールドシップ
アドマイヤデウス
ウインバリアシオン
スズカデヴィアス
サウンズオブアース
デニムアンドルビー
天皇賞(春)

ページトップ