フットボール“新語録”BACK NUMBER

「圭佑君の話はとても勉強になる」
代表で乾と本田が交わした会話とは。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2015/04/28 10:40

「圭佑君の話はとても勉強になる」代表で乾と本田が交わした会話とは。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

アギーレ前代表監督時代に左サイドに定着した乾は、今年のアジアカップから6戦中5試合で先発出場を果たしている。昨年のホンジュラス戦では2ゴールを決め、現在の代表キャップ数は19。

「むしろ俺と圭佑君は、ボールを奪った瞬間に前にパンとつけてくれたら、どフリーになれるんです」
乾貴士 (アイントラハト・フランクフルト)

 ブラジルW杯以降、最も伸びた日本代表選手は誰か? そう訊かれたら、多くの人が武藤嘉紀や宇佐美貴史の名前をあげるだろう。

 ただし、今年1月のアジアカップにおいて、代表の序列を崩したのはこの2人ではなかった。ブラジルW杯で落選したにもかかわらず、唯一アジアカップの先発に食い込んだのは乾貴士だけだった。

 フランクフルトの練習場で声をかけると、乾はアギーレ時代をこう振り返った。

「楽しかったですね。前の選手は自由にやらせてもらっていたし、アギーレさんは褒めて伸ばすタイプ。そういう監督は今までなかなかいなかった。誰に対しても、けなしたり、怒ったりしない。あの距離感は、人間性から来ていると思う。見た目は怖そうだけど、常に笑顔やし。そういうところも楽しさにつながっていたのかなと思います」

 ドイツ移籍4シーズン目となる今季、乾はフランクフルトで新たな自信をつかんだ。

 昨季はラスト9試合で出番がなく急失速したが、今季はシャーフ新監督の攻撃サッカーで復活。ドリブラーとしてだけでなく、パサーとしての良さも引き出されるようになり、一気にプレーの幅が広がった。まだ波があるため、4月11日のバイエルン戦からはベンチスタートが続いているが、慌てる必要はないだろう。

「縦に速いサッカー」でも独特の輝きは変わらず。

 日本代表のハリルホジッチ新監督の下でも、順調な一歩を踏み出した。

 初戦のチュニジア戦は腹痛のためベンチで見守ったが、2戦目のウズベキスタン戦では左FWとして先発。落ち着いたプレーで流れに緩急をつけた。

 日本の1点目は乾のCKの跳ね返りを青山敏弘がスーパーミドルで決め、2点目は乾がドリブルでつっかけ、そのこぼれ球からのクロスを岡崎慎司が決めた。アギーレとは異なる「縦に速いサッカー」でも、独特の輝きは変わらなかった。

【次ページ】 “タッチダウンパス”を狙う素地が日本にはある。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
乾貴士
本田圭佑
ヴァイッド・ハリルホジッチ

ページトップ