沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

斜行が逆に爆発力を強調した皐月賞。
ドゥラメンテ、ラスト100mは衝撃の脚。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2015/04/20 11:25

斜行が逆に爆発力を強調した皐月賞。ドゥラメンテ、ラスト100mは衝撃の脚。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

最後の直線、異次元の脚で伸びてきたドゥラメンテ。勝利を確信したデムーロはゴールを待たずに「4勝目」を意味するポーズを見せた。

 こんなに強い馬がいたとは、驚いた。ラスト100mほどの末脚は、まさに他馬が止まって見えるほどの鋭さだった。

 第75回皐月賞(4月19日、3歳GI、中山芝2000m)を制したのは、無敗の重賞勝ち馬でもなければ、初制覇を狙ったディープインパクト産駒でもなく、それまで東京芝1800mばかりを4戦して2勝2着2回のドゥラメンテ(牡、父キングカメハメハ、美浦・堀宣行厩舎)だった。

 ゲートがあき、15頭の出走馬が飛び出した。ダッシュのよかったワンダーアツレッタを、スプリングステークスの勝ち馬キタサンブラックがじわっとかわしていく。それらをクラリティスカイが外から追い越してハナに立ち、1コーナーへと入っていった。

「行く馬がいなければ逃げようと思っていましたが、行く馬がいたので控えました」と鞍上の浜中俊が言うキタサンブラックは、クラリティスカイを2馬身ほど前に見る2番手におさまった。

前の馬にも後ろの馬にもチャンスのある流れに。

 2コーナーを回ってもクラリティスカイが単騎で逃げ、キタサンブラック、ワンダーアツレッタ、スピリッツミノルがつづき、その直後に2番人気の福永祐一・リアルスティールがつけている。「ゲートを出たなりで、前で競馬をしようと思っていた。いいところをとれて、終始上手に走っていました」と福永。

 その外にコメート、後ろに掛かり気味の2歳王者ダノンプラチナ、内にミュゼエイリアン、ブライトエンブレムらがいて、外からベルラップがポジションを上げていく。

 スタートがよくなかった1番人気のサトノクラウンは後方の外目。ミルコ・デムーロが乗るドゥラメンテも後方につけ、内で脚を溜めている。

 1000m通過は59秒2。前週の桜花賞のような超スローではない。かといって、馬群が縦長になるハイペースでもなく、前の馬にも後ろの馬にもチャンスのある流れだ。

 3コーナーに入るとペースが上がり、馬群がぎゅっと固まった。先頭から最後方まで8馬身か9馬身ほどしかない。

【次ページ】 最後の直線入り口、ドゥラメンテにアクシデントが!

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ドゥラメンテ
リアルスティール
キタサンブラック
クラリティスカイ
サトノクラウン
ブライトエンブレム
ワンダーアツレッタ
スピリッツミノル
コメート
ダノンプラチナ
ミュゼエイリアン
タガノエスプレッソ
ベルラップ

ページトップ