スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

青木宣親、好調の陰に新フォーム?
得意の“ビッグウェーブ”は起きるか。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/04/17 10:30

青木宣親、好調の陰に新フォーム?得意の“ビッグウェーブ”は起きるか。<Number Web> photograph by AFLO

昨季からフォームを大きく変えた青木宣親。一時は打率ベスト5にも入り、チームではもちろん最高打率だ。メジャーでの最高打率は.288。ついに3割を越えるか。

 ジャイアンツに移籍した青木宣親が好調だ。

 開幕してから9戦で連続ヒット、不振のジャイアンツ打線の中にあって、気を吐いている。

 10試合が終わった時点で打率は3割7分5厘、出塁率も5割に近い状態で高止まりしている。

 新天地も気に入っているようだ。

「去年、ワールドシリーズでジャイアンツは相手として戦いましたけど、感じる雰囲気がまったく違うので驚いてます。三塁のダグアウトからグラウンドに出ていくのも新鮮だし、ファンも集中力があるので、毎試合いい形で試合に入っていけます」

 そう語る様子から、気分よくプレーしていることがうかがえる。

 開幕10戦目、4月15日の「ジャッキー・ロビンソン・デー」に行なわれたロッキーズ戦では、初回の第1打席には背中に“ドスン”とぶつけられた。

 メジャーでは好調の選手に対して「調子に乗ってんじゃねえよ」と内角を際どく攻めるケースがある。ここまで好調の青木を警戒している様子がありありとうかがえた。

 しかし青木は次打者の時に盗塁を試み、捕手の悪送球を誘って三塁へ。そして3番打者のヒットでホームへと帰り、見事ロッキーズ・バッテリーに「お返し」をしてみせた。

 青木の好調の要因は何か?

「理想とするバッティングに近づいてます」

 本人は多くを語らないが、「自分が理想とするバッティングに間違いなく近づいてます」と話すほど、打撃の感覚に磨きがかかっている。

 素人目にも分かるのは、今季、青木のバッティング・フォームは昨季までとは明らかに違っていることだ。特徴として挙げられるのが……。

●バットを持つ左腕がグッと上がっている
●それにともなって、アゴを引き、投手を睨むような形になっている

 昨季までは左腕をコンパクトに畳んでいたが、今季は高い位置から素早く、かつダイナミックにバットを振り下ろしている。その結果、どうなったか。

 左右に強い打球が飛んでいる。

 ラッキーなヒットではなく、その充実ぶりが結果につながっているのだ(いつホームランが出てもおかしくない状態だと思う)。

【次ページ】 石井一久が語った、青木の「ビッグウェーブ」。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
青木宣親
サンフランシスコ・ジャイアンツ

ページトップ