F1ピットストップBACK NUMBER

チーム内で王者を争うがゆえの内紛。
ハミルトンがロズベルグに掛けた策。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/04/17 10:40

チーム内で王者を争うがゆえの内紛。ハミルトンがロズベルグに掛けた策。<Number Web> photograph by Getty Images

メルセデスのワンツー・フィニッシュにもかかわらず、表彰台で垣間見えた2人の表情は対照的だった。

 2人の戦いは予選直後から始まっていた。2人とはメルセデスAMGのドライバー、ルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグである。

 メルセデスAMGは通常、予選上位3人によって行なわれるFIAの記者会見とは別に、独自に自らのモーターホーム(モーターホームがないヨーロッパラウンド以外ではチームハウス)で、2人のドライバーの記者会見を開く。

 フロントロウを独占した中国GPでも、それは同様だった。

 ただし、この記者会見は昨年から個別に行なわれるようになった。

 それまでは2人が同じテーブルに並んでいたのだが、タイトル争いがチームメイト間で展開されることに配慮したチーム側の判断だった。

 4月11日、先に会見を行なったのはロズベルグだった。3戦連続でチームメートの後塵を拝したとはいえ、0.042秒差の予選2位。ロズベルグの顔にはレースに向けて自信があふれていた。

「開幕戦で負けたのは、タイヤのデグラデーション(タレ)が小さかったから。でも、今回はメルボルンのときよりデグラデーションが大きいので、レースは面白い展開になるだろう。もちろん、タイヤのマネージメントには自信がある」

 と、そのとき、会見場の隅の方から中央に向かって近づく男がいた。ハミルトンである。

 ハミルトンは会見場の脇にある飲み物が保管されているテーブルから何かを取り出していたが、同時にロズベルグの発言にも耳を傾けていた。

 ハミルトンはわかっていたのである。チームメイトのロズベルグがタイヤ戦略を利用して、逆転勝利を狙っているということを。

レースペースをあえて遅くしたハミルトン。

 そこで、ハミルトンはロズベルグの戦略を機能させない作戦を立てる。

 ポールポジションからスタートしてトップに立った後は、レースペースをあえて遅くし、タイヤを労わるという戦略だ。もちろん、ただ単純に遅く走れば、後ろを走るロズベルグにオーバーテイクを許してしまう。

 だからハミルトンは、オーバーテイクポイントとなる2本のストレートの直前で後続とのギャップを築きつつ、オーバーテイクが事実上不可能なコーナーではペースを落とし、タイヤを労わる作戦に出たのである。

【次ページ】 ロズベルグは戸惑い、チームにヘルプの無線を送る。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ルイス・ハミルトン
ニコ・ロズベルグ
メルセデスAMG

ページトップ