サッカーの尻尾BACK NUMBER

レアル相手にホームで4連続無失点。
アトレティコ守備陣が抑えた「勘所」。 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/04/15 11:25

レアル相手にホームで4連続無失点。アトレティコ守備陣が抑えた「勘所」。<Number Web> photograph by AFLO

試合中最大のチャンスを手にしたのはレアル・マドリーのギャレス・ベイルだったが、これを決めきれず。移籍騒動が一段落し、改めて存在を主張したい一戦ではあったが……。

 この試合、最大のハイライトは1本のセーブにあった。

 ベイルとの1対1のピンチを、アトレティコのスロベニア人ゴールキーパー、オブラクが止めた前半早々のシーンだ。

 試合後、アンチェロッティは悔しがった。

「あの場面はオブラクが素晴らしいプレーを見せた。素早く前に出てベイルに余裕を持って打たせなかった。素晴らしいセーブだった」

 昨シーズンのCL決勝の再現となったCL準々決勝、1stレグ前の注目はいつものように両チームの攻撃陣に集まっていた。

 ベイル、ベンゼマ、ロナウドのBBCトリオに対するは、好調グリエスマンにマンジュキッチ、アルダらを抱えるアトレティコ。昨季CL決勝のスコアは4-1(90分では1-1)だったこともあり、彼らの活躍で多く得点が入るのでは、という予想もあった。

オブラクの活躍は目だったが、決定機自体が少なく。

 しかしこの試合の主役となったのは、普段はほとんど陽の当たらない、アトレティコの地味なゴールキーパーだ。

「オブラクの壁」(マルカ紙)

「救世主オブラク」(アス紙)

 試合後、オブラクはどのメディアからもとりわけ高い評価を得ている。ベイルとの1対1以外でも、ロナウド、ハメス、クロースらの遠目からのシュートを冷静に収めた彼のパフォーマンスは、たしかに素晴らしかった。

 しかしこの試合、90分間を通してベイルの決定機を除けば、1点に繋がりそうな決定的といえる大チャンスが少なかったのも事実だ。

 これは国内外での最近の対戦で、両チームが互いを知りすぎたことが生んだ結果でもある。

 “慣れ”もある。2チームの守備陣が、相手を良く研究し、守りどころを抑えていたことも大きい。

【次ページ】 互いに守備の勘所を抑え、リスクを最小限に。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
レアル・マドリー
アトレティコ・マドリー
ギャレス・ベイル
ヤン・オブラク
カルロ・アンチェロッティ

ページトップ