武藤嘉紀はチェルシーに移籍したほうがいい?

集計グラフを閉じる

 FC東京の武藤嘉紀に、イングランドプレミアリーグを独走するチェルシーから正式オファーが届きました。  チェルシーの監督はジョゼ・モウ・・・続きを表示

●移籍したほうがいい
●移籍しないほうがいい

1-10件を表示 / 全43

すべて| 移籍したほうがいい| 移籍しないほうがいい|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 日本人の中でもポテンシャルが高い香川や宮市や宇佐美などビッグクラブで成功している選手がいない前例を見てきていて、特に宮市亮は能力は高いのにアーセナル所属という肩書だけで気が付けばレンタルの繰り返しで18歳に入団して今年23歳になる。この5年の間で宮市選手が得たものはあったのか考えたらあまり無いように思います。そういった前例を覆して欲しいとは思っていますがそんなに甘くは無いと思います。日本サッカーのレベルは昔に比べて格段に上がっていますが、レベルが上がっているのは日本だけでは無いという事もいえるので慎重に考えて欲しいです。

    nonnoさん2015/04/16 16:57に投稿

    7
    そう思う!
  • 普段からプレミアを観戦してる人間の意見として言わせていただきます。

    はっきり言って無駄です。
    武藤は非常に良い選手だと思いますし、将来も期待できます。
    しかし、現時点でJでは全く結果を残していない選手なんてプレミアでは通用しませんし、認めてすらもらえません。
    香川にはJ2得点王、岡崎には代表でのゴール数の実績がありました。
    それでもドイツの中堅クラブ止まりの上に、その中堅クラブの中心選手にすらなれていません。
    他の海外にいる選手だってそうです。「海外組み」なんて呼ばれてますが、ほとんどの選手が下位クラブのレギュラーにすらなれてないんです。
    そしてそれが現在の日本人のレベルであることを自覚するべきです。

    日本のマスコミとファンはプレミアを舐めすぎだと思います。

    takeo999さん2015/04/14 19:22に投稿

    6
    そう思う!
  • 選ぶのは本人で、本人が納得して選択したかが大事だというのが大前提ですが。。。

    チェルシーに残ろうが、レンタルで出されようが、プレミアだと荒っぽいから、宮市みたいに怪我だらけで成長が阻害される可能性が高い。
    まだまだ成長期にある選手が行く必要は無いと思います。
    インテンシティの高いリーグなら他にもあるし。

    それに、ネガティブな発言で彼のファンの方には申し訳ないが、彼を初めて生で見た時に内田、岡崎、香川の若かりし頃の様に「おっ」と惹きつけられるものがありませんでした。
    所詮素人の野次馬の私見ですが、武藤に特別なものがある様には見えないし、現状そんなに騒がれる実力にも見えないというのが本音です。

    地道に国内で研鑽積んだ方が良いのではないかと思います。

    heroheroさん2015/04/14 18:57に投稿

    4
    そう思う!
  • チェルシーのレベルを見れば即戦力でないことは確実です。
    かと言ってローン移籍で経験を積む育成枠の『若手』の年齢でもありません。

    少しでもチームと一緒に練習ができれば大きな経験になりますが、選手の経験値としてはそれ以上に主力として試合に出ることが大事。
    20歳までなら行くべきですが今の武藤の状況なら完全移籍で使ってもらえるチームを選ぶべきと思います。

    K4NUさん2015/04/16 12:11に投稿

    4
    そう思う!
  • 移籍したほうがいいに決まっている。
    即、チェルシーのレギュラーになれるとは全く思わないが。
    これを逃すと二度とないチャンス。
    チェルシーだとすぐにプレミア中位かオランダへのローン移籍になるだろうけど、Jで数年実績を積んでからという意見もあるが高卒選手ならそれでもいいが現在23歳の選手に2~3年後同じような声がかかるとは思えない。今すぐ行くべき。

    ファルコンさん2015/04/22 21:04に投稿

    3
    そう思う!
  • Jリーグ、代表に関わらず、ミスが多く試合から消える時間帯が多いため、彼が技術力や決定力が高い選手だとは思わない(よっぽど宇佐見の方が上だと思う)。したがって、今の彼の状況はちやほやされすぎであり、チェルシーなんぞに移籍しても、過去にプレミアに移籍した日本人同様に消えていくに違いない。したがって、Jリーグで試合に出て技術などを磨いた方が良いと思う。

    nao1025さん2015/04/15 17:03に投稿

    3
    そう思う!
  • 「海外はいいけど、チェルシーはやめとけ」ということ。

    一番大事なのは出場機会。
    常にベンチでいるビッククラブよりも、レギュラーでいる中堅クラブのほういい。超一流選手に接することが学べることも大きいがやはり試合経験に勝るものはない。

    そもそも、移籍即レンタルだったら、最初からオランダとかドイツに行ったほうがいい。「ある意味お客さん」ではなく「戦力」としてクラブも接してくれるし、選手からもそう見られるのでは。第一、ビッククラブを経由するメリットはあまり感じられない。
    みんな書かれているが宮市を見ればわかること。

    試合に出て力を出してこそ真の海外経験。ベンチにいるとか、試合に出ても結果を残せないのだったら、Jリーグで活躍する方がよっぽど力になる。

    BCDさん2015/04/16 23:41に投稿

    3
    そう思う!
  • チャンスの舞台は大きい方が良い。
    海外に出れば経験の幅も広がる。
    出場機会は自分で奪い取る、くらいの気概を見せてほしいなと期待を込めて。

    brbrさん2015/04/22 23:44に投稿

    2
    そう思う!
  • チェルシーで出番があるとは思えない。
    香川が初めて欧州移籍した時のドルトムントみたいに
    もう少し中位といえるようなクラブで出続ける方が
    経験上良いのではないかと思います。

    たけさん2015/04/14 18:43に投稿

    2
    そう思う!
  • フットボーラーとしてのキャリアはそれなりにあるだろうけれど、まだプロとしては実質1年目に等しいし、まして当たりの強いプレミアリーグならなおさら賛成できない。スピードが武器とは言うが世界レヴェルとは到底言い難いし、フィジカルもまだ脆弱な印象を受ける。さらに言えばチェルシー独特の事情として、他クラブにローンに出している選手がトップチーム登録の選手より多いという問題があるのだけれど、もしかしたらカクタ・カラス・アケ・マクイクランのようにローン出されまくりで埋没してしまうのでは? とも思うのだ。
    海外に行くのは悪いことではないから、今回は別なルートからプレーしたらまたオファーがくるかもしれないし、それ以上のオファーもあり得るかも。素材としてはいいのだから。

    赤鯱と梟さん2015/04/14 21:10に投稿

    2
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ