詳説日本野球研究BACK NUMBER

日替わり打線に女神は微笑まない。
オリックスは駿太を軸に据えよ! 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2015/04/12 11:10

日替わり打線に女神は微笑まない。オリックスは駿太を軸に据えよ!<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

ドラフト1位での入団から早5年目を迎えた22歳、駿太。昨年は117試合に出場、強肩を生かした持ち前の守備能力は既に評価が高い。打撃を向上させ、低迷するオリックスの救世主となれるか。

 セ・パ両リーグとも序盤戦は前評判と逆の結果が出ている。

 セ・リーグは1位中日7勝3敗、2位DeNA6勝4敗、巨人、阪神、ヤクルトが5勝5敗で並び、パ・リーグは1位日本ハム8勝2敗、2位西武6勝3敗、3位ソフトバンク5勝4敗という順位である。前評判の高かった広島はセの最下位(2勝8敗)、オリックスはパの最下位(2勝8敗)と、今のところ期待を裏切っている(成績は4月7日現在)。

 まだ10試合前後しか消化していないので深刻に受け止めることはないが、“開幕ダッシュ”という言葉が定着した現在のプロ野球では、「上位の成績を収めるためには先行逃げ切りが重要」とも言われている。それが絶対ではないとはいえ、広島とオリックスはクライマックスシリーズを視野に入れた戦いに切り替えたほうがいいのでは、と嫌みの1つも言いたくなる。

 広島は黒田博樹(元ヤンキース)の復帰、メジャー挑戦が噂された前田健太の残留、さらに新外国人のグスマン(野手・年俸約1億円)とジョンソン(投手・年俸約7000万円)を広島にしては好待遇で迎え入れ、戦力は整ったと思われた。

 オリックスはさらに戦力補強に本腰を入れている。メジャー挑戦が噂された金子千尋を引き留め、獲得した主な選手は投手では昨年広島で9勝したバリントン、野手では小谷野栄一(日本ハム)、ブランコ(DeNA)、中島裕之(アスレチックス2A)と大物が並び、これらの補強に要した金額は総額約30億円と言われる。

2万人も観客が減った京セラドーム。

 19年ぶりの優勝を期待するファンは、4月3日から5日までの3連戦、敗戦が続いても毎試合、3万4000人以上が京セラドーム大阪に詰め掛けたが、4連敗後のロッテ戦(4月7日、京セラドーム大阪)は1万4833人に激減した。その差2万人以上はオリックスの快進撃を期待したファンの落胆ぶりを表している。

 オリックス低迷の大きな要因は、ケガ人の多さである。金子は昨年11月に受けた右ヒジ手術からの復帰が遅れ、抑えの平野佳寿は右足首痛、セットアッパーの比嘉幹貴は右肩痛、岸田護は左脇腹損傷、4番候補のブランコは左ヒザの故障と、野戦病院さながらの故障者の多さ。しかし、原因はそれだけではない。

【次ページ】 '90年代の巨人、'00年代の阪神の二の舞か。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
駿太
オリックス・バファローズ
金本知憲

ページトップ