ゴルフPRESSBACK NUMBER

オーガスタへ、それぞれの紆余曲折。
ワトソン、マキロイ、そしてウッズ。 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/04/07 10:30

オーガスタへ、それぞれの紆余曲折。ワトソン、マキロイ、そしてウッズ。<Number Web> photograph by AFLO

数々の記録を打ち立てたタイガー・ウッズが世界一の座を失ってから約1年。まだ39歳、老け込むには早過ぎる。

「タイガー・イズ・バック」

 4月3日(米国時間)の昼下がり。タイガー・ウッズが自身のHPでマスターズ出場の意志を発表した途端、米ゴルフ界のテンションは一気に上がった。

 今年になってウッズが出場した試合は米ツアーのフェニックス・オープンとファーマーズ・インシュアランス・オープンのわずか2試合。そこで目にしたウッズのアプローチ・イップスは目を覆いたくなるほどの惨状だった。フェニックスでは2日目に「82」を叩いて予選落ちを喫し、ファーマーズでは初日の12番で途中棄権。そして、ついには戦線離脱。

 そんなウッズがマスターズに出場するか否かは、あたかも彼の戦士としての再起があるか無いかを示すバロメーターのように思われており、だからこそ、ウッズのマスターズ出場の報はビッグニュースとなって世界中を駆け抜けた。

「タイガーがマスターズに戻ってくる!」

「タイガー・イズ・バック」

 そんなヘッドラインが方々のメディアで踊っている。「バック=back」という文字は、2月以降実戦から離れていたウッズの戦線復帰を意味する「戻る」でもあり、キャリアで初めてマスターズを欠場した昨年をまたいで2年ぶりに大会に「戻る」という意味でもある。そして、過去4勝を挙げたオーガスタで、再び優勝争いに「戻ってきてほしい」という人々の願いも込められている。

勝者としてオーガスタに戻るのは、バッバ・ワトソン。

 メジャー4大会の中で、「バック=back」という文字が当てはまるのはマスターズだけだ。オーガスタという決まった戦いの舞台があるからこそ、ウッズのみならず、世界のマスター(名手)たちは毎年、それぞれの想いを胸に抱き、その場所に戻ってくる。

 今年、勝者としてオーガスタに戻ってくるのは、ディフェンディングチャンピオンのバッバ・ワトソンだ。2012年にマスターズを初制覇。そして2年後の昨年、再びグリーンジャケットを羽織った。

【次ページ】 「僕は失敗からしか学べない。だから何をやるにもスロー」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
タイガー・ウッズ
バッバ・ワトソン
ジョーダン・スピース
ローリー・マキロイ
マスターズ

ページトップ