フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

世界の女子フィギュア界は次世代へ。
新女王の3アクセルと宮原の銀メダル。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byISU/ISU via Getty Images

posted2015/04/02 16:30

世界の女子フィギュア界は次世代へ。新女王の3アクセルと宮原の銀メダル。<Number Web> photograph by ISU/ISU via Getty Images

世界選手権の表彰台。左から、銀メダルの宮原知子、金メダルのエリザベータ・トゥクタミシェワ、銅メダルのエレナ・ラジオノワ。1年前のソチ五輪とはまったく異なる顔ぶれとなった。

 上海世界選手権、新メダリスト3人が誕生した。新しい女王は、ロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワ。宮原知子が2位と健闘して初出場で銀メダルを獲得。そして3位は16歳のエレナ・ラジオノワだった。

 18歳、17歳、16歳とティーネイジャーたちが表彰台に並んだ。

史上6人目。3アクセルを成功させたトゥクタミシェワ。

 上海世界選手権は、歴史に刻まれる大会となった。

 エリザベータ・トゥクタミシェワが、SPの冒頭で3アクセルを成功させたのである。

 過去に試合で3アクセルを成功させた女子は、伊藤みどり、トーニャ・ハーディング、リュドミラ・ネリディナ、中野友加里、そして浅田真央の5人。トゥクタミシェワは史上6番目となった。タイトル保持者であった浅田真央不在のこの大会で、これほど完璧な女子の3アクセルを見ることができるとは予想していなかった。

わずか3大会目の挑戦で3アクセルに成功。

 もっともトゥクタミシェワは2月と3月初頭の2度、このジャンプをすでに小さな大会で試している。1度目は転倒、2回目では成功したが、他のジャンプで失敗した。そして3度目となるこの上海世界選手権で、みごと成功させ、残りのエレメンツも全て降りて史上3番目に高いSPスコアを手にした。

 ジュニアの頃は練習で降りていたというこのジャンプだが、シニアに上がってからしばらく封印し、再開したのは今年の1月だったという。「練習では50%の確率だった」というが、スピード、高さといい申し分のないみごとな3アクセルだった。

「SPで3アクセルをやるのはリスクが伴う。でもフィギュアスケートは進化していかなくてはならない。男子は4回転を3度入れてくる選手もいる。女子も前進していかなくては」

 フリーでは3アクセルに挑まなかったものの、ほぼノーミスで初タイトルを手にしたトゥクタミシェワは、会見で通訳を通してそう語った。

【次ページ】 ついに女子にも3アクセルの時代が来るのか?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
本郷理華
宮原知子
村上佳菜子
エリザベータ・トゥクタミシェワ
伊藤みどり
浅田真央
中野友加里

ページトップ