ハリルジャパン連勝スタート! 新戦力FWの中で、今後も見たいのは?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

 3月に発足したハリルジャパンの初陣2連戦が終わりました。  27日のチュニジア戦は2-0、31日のウズベキスタン戦は5-1と連勝スタ・・・続きを表示

●乾貴士
●宇佐美貴史
●大迫勇也
●川又堅碁
●永井謙佑
●武藤嘉紀

1-10件を表示 / 全24

すべて| 乾貴士| 宇佐美貴史| 大迫勇也| 川又堅碁| 永井謙佑| 武藤嘉紀|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 宇佐美選手

    代表レベルでも、タッチ、キック、彼が繰り出す球の質が違ってみえた。そのうえ従来の図太さに加え協調性を自覚した貪欲で真摯なプレーに代表定着を目指す本気度を感じさせ、あらためて世界のステージでの将来を期待したくなった。たとえばもし、本田選手が今後もFWにこだわり続けるとしたら、それに引導渡すのは宇佐美選手なのかもしれないくらいに思った。

    Camposさん2015/04/01 22:11に投稿

    5
    そう思う!
  • スタメンとしては厳しいかもしれないが、終盤に相手が疲れてきた時のジョーカーと成り得る存在。

    W杯の様な短期決戦では、あのスピードが必要になる時が必ず来ると思われる。

    ちょくさん2015/04/01 20:31に投稿

    4
    そう思う!
  • 3/31なぜ本田と交代したのか。万能型という表現であれば協会や監督は何をやっても許されるのか?もし説明できなければ選手やクラブに対して非常に不当な扱い。いいように考えれば協会や監督はポスト本田選手として彼のポテンシャルに期待を持っているのか?意図が不明確。単にトップで川又選手を見たかったのはなんとなく伺えますがきちんと説明できるのか。大迫選手は一見地味ですがメディアが扱いづらい!?だけできちんと結果を出せる選手だと思う。鹿島時代も思う結果を出すのに時間がかかったように思えたが彼の活かし方について協会や監督の力量に疑問がある。ドイツに渡っておそらく1、2年後には更にレベルもアップしてちょうどロシア大会に近ずけば近づく程仕上がって来るのではないか。国内選手よりも伸び白は期待出来そう。連係に関して他の選手やポジションについて彼自身のポテンシャルと彼への監督や協会のアプローチも気になる。

    いなださん2015/04/02 07:33に投稿

    4
    そう思う!
  • 取り敢えず、本田の代わりに守備固めという、可哀想な使われ方しかしていないので大迫にしておきます。

    ハイプレスを掛けて奪った瞬間から素早く速攻をする方針なので、スピードがあるFWや裏抜けの得意な選手が選ばれていますが、必要に応じて楔を利用して縦にばかり向かうベクトルを左右または後ろに変化させたい。

    同じ事しかしないのでは相手には対策立てやすいですからね。

    川又、大迫にはその辺期待したいというのも理由です。

    そうする事で、宇佐美、乾、香川がより輝きますから。

    heroheroさん2015/04/02 09:38に投稿

    4
    そう思う!
  • 攻撃のアイデアが豊富なので見ていてワクワク感があって好きです。守備の面では、90分戦える体力をつければ補えると思うので問題ないと思います。ただ走るだけの練習は単調でつまらないとは思いますが、そこはプロとしてそして将来の日本代表のエースとして考えて頑張ってほしいところだと思います。

    nonnoさん2015/04/02 14:47に投稿

    4
    そう思う!
  • 乾貴士…クラブで結果出さないと出場機会減っていく
    宇佐美…強いチーム相手に90分やれるか見たい
    大迫勇…しばらく呼ばれないかも
    川又堅…日本の弱点の高さで体張れるのは貴重
    永井謙…強豪相手の前にスペースある状態で見たい
    武藤嘉…今後も普通に呼ばれる

    ハリルホジッチ監督のもと親善試合2試合
    後半に投入された選手で結果出せなかったのは、12人中大迫だけ
    途中交代で出た選手をどう評価していいのかよくわからない
    正直、宇佐美は騒がれすぎ

    hdsokbさん2015/04/06 10:05に投稿

    4
    そう思う!
  • 正直いきなしここまでできるとは思っていませんでした。ゴールを決めたシーンはもちろん、周りの選手との連携、アイディアなど見ていて爽快でした。そして課題と言われていた守備とオフの動きもだいぶ良かったと思います。守備に関してはだいぶ走っていましたし、同じガンバ所属の選手もあんなに走る宇佐美を初めて見たというほど気合が入っていました。オフの動きに関しても、チュニジア戦でバーに当たったシュートはいい動きだしからのシュートでこちらも期待が持てました。ただどちらの試合も途中交代からの出場だったため、スタートから出て、あのペースで持つのかという疑問もあります。この疑問を払しょくするためにも次はスタメンで使ってもらって最後まで走り切ってもらいたいです。

    yamageさん2015/04/07 23:04に投稿

    3
    そう思う!
  • 二試合を観戦して、今後の伸びが一番楽しみだと思った。対戦相手に競り勝ってゴールを狙えた場面が何回もあった。これまでの日本は空中戦を苦手にしていたが、豊田とは違う身のこなしがある。代表権が少ない中では環境にうまく適応して、自分のプレーをできた。これまで期待倒れで終わった選手と違って、本番でも決めてくれると思った。

    bigwave007さん2015/04/01 23:02に投稿

    2
    そう思う!
  • 現時点では6人の中ではレベルが違う。
    さすがガンバが生んだ最高傑作だと思う。

    ファルコンさん2015/04/08 18:36に投稿

    2
    そう思う!
  • 全員というのが答えだが、川又は面白い。
    仕掛けてシュート、エリア内での嗅覚、アシスト、機動力、フィジカル的なポテンシャルもさほど問題はなさそう。伸びしろはかなりある。
    大迫にも期待はする。だが、楔受けや、シュートセンスは欧州でも既に通用するが、ボールを引き出す動きが足りない、持った時の選択肢の無さなどが目立つ。
    プレーエリアを広げる必要がある。今のままでは技術の持ち腐れ。

    宇佐美もスペースでボール受ける能力が低すぎる。今まで守備でまるで貢献できてない事も考えると、攻撃面だけがピカイチでも、一試合通して使ったら確実にデメリットが上回る。
    ようやく改善傾向にあるがどこまで改善できるか。まずはジョーカーの役割から。

    現時点でもっとも穴が少なく、計算できるのは明らかに武藤。
    乾は攻撃面、永井は守備面と走力でなら計算できるが役割が限定される分不利だ。
    もっとプレーの幅を広げる必要がある。

    ウェスタン炎さん2015/04/14 13:34に投稿

    2
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ