メルマガNumberダイジェストBACK NUMBER

福西崇史はハリルJ初戦をどう見たか。
「監督のふたつの意図が読み取れた」 

text by

福西崇史

福西崇史Takashi Fukunishi

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2015/03/31 16:30

福西崇史はハリルJ初戦をどう見たか。「監督のふたつの意図が読み取れた」<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

「福西崇史の『考えるサッカー』」、配信は毎週月曜日の予定です。

元日本代表ボランチがサッカーの現在を赤裸々に語る
メルマガ「福西崇史の『考えるサッカー』」
最新号の中身をちょっとだけ……特別にご紹介いたします!

<目次>

【1】《福西と茂野のキックオフ前? 雑談》
    ~ Jリーガーは“ジャニュアリー・ブライド”? ~

【2】《日本代表/ハリルホジッチ体制・初戦レビュー》(1)
    ~ 先発メンバーから伝わった意図、そして彼らの出来は? ~

【3】《日本代表/ハリルホジッチ体制・初戦レビュー》(2)
    ~ 激しく奪いに行く守備、アギーレ体制との共通点 ~

【4】《日本代表/ハリルホジッチ体制・初戦レビュー》(3)
    ~ “格の違い”を見せた本田、岡崎、香川 ~

【5】《アディショナルトーク!》終了直前の反省会&次号予告
    ~ 明日はウズベキスタン戦&U-22日本代表戦です! ~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆
【2】《日本代表/ハリルホジッチ体制・初戦レビュー》(1)
-------------------------------------------------------------------
~ 先発メンバーから伝わった意図、そして彼らの出来は? ~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

福西:今日の話題はチュニジア戦しかないでしょ。

――ですね。ハリルホジッチ体制となって初の代表戦、日本は2-0で勝利しました。福西さん、この試合で印象的だったのは……。

福西:まず、スタメン発表からでしょ。久しぶりにあれだけフレッシュなメンバーを見たな~、って感じ。明らかにハリルホジッチの「横一線で競争させていくぞ」という考え方が伝わるメンバーだった。

――特にその考えが現れていたのは武藤、永井、川又の3トップ、代表初選出の藤春がスタメンに入ったところに感じました。

福西:だね。前半は0-0とゴールは生まれなかったけど、個々の選手が“この競争に生き残ってみせる”という意気込みは、かなり見えた。

意気込みは見えていたけど、コンビネーションはまだまだ。

――ザック、アギーレ体制の両方で主力だった選手というと、長谷部と吉田くらいでした。山口は昨年負ったケガの影響で、アギーレ前監督が招集しなかったこともありますが。

福西:意気込みは見えていたけど、それぞれのコンビネーションといったところでは、まだこれからだな。代表に合流してから3日間だけの練習で上手く息を合わせようとするのは、正直難しいよね。

――そこは致し方ないことです。

福西:ただ、チーム全体で見た時に、ハリルホジッチが「こういう形でやりたいんだろうな」というのは試合を通じて出ていたと思う。

――具体的に言うと……。

福西:色んなところで言われているところだけど、分かりやすく言えば、この2つね。

(1)縦へスピーディーに仕掛ける攻撃
(2)守備でのチェック、寄せ方の激しさ

――ふむふむ。

福西:オレの中でチュニジア戦は「初戦だけど、選手たちはハリルホジッチの考えをどれだけ表現できるのかな?」ってところを注目してた。

――その辺、どう映りました?

福西:ハリルホジッチは選手のプレー選択に対して、テクニカルエリアでかなりアクションを見せていたよね。で、選手たちはピッチ内でプレーしながら、その反応から「こういったプレーが求められているのか?」と知ろうとしていたと思う。その辺りはポジティブにとらえていいんじゃない?

【次ページ】 一方で、新生日本代表が見せた課題は?

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
福西崇史

ページトップ