オリンピックへの道BACK NUMBER

ソチ五輪5位から、世界選手権で6位。
カーリング女子が強調する“収穫”。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/03/29 10:35

ソチ五輪5位から、世界選手権で6位。カーリング女子が強調する“収穫”。<Number Web> photograph by AFLO

左から小笠原歩、近江谷杏菜、小野寺佳歩、吉村紗也香。2011年に再結成された「フォルティウス」の名前は、小笠原歩が所属した「チーム青森」の原点となるチームに由来する。

 課題と収穫のあった大会だった。

 3月14日から22日まで、札幌・月寒体育館で行なわれたカーリング世界選手権。連日多くの観客が会場に足を運び盛り上がりを見せる中、日本代表として出場した北海道銀行フォルティウスは、参加12チーム中6位の成績を残した。

 初戦で前回の世界選手権優勝国スイスに3-5で敗れたフォルティウスだったが、大会2日目に行なわれた2試合で大きな勝利をあげる。ソチ五輪銀メダルのスウェーデンに6-5、ソチでは「イギリス」として出場して銅メダルのスコットランドに9-7と連勝したのだ。

 その後は出入りの激しい試合が続いた。翌日はショットの正確性にやや苦しみながらも連勝したが、17日はアメリカとロシアに連敗。残りの4試合を2勝2敗とし、通算6勝5敗で大会を終えた。

 序盤の好調から一転、中盤以降の戦いで勢いに乗り切れなかった原因の1つに、アイスへの対応の難しさがあった。

 今回の会場は、体育館にあつらえたもの。カーリング専用の会場ではないため、ちょっとした外の空気の出入りなどの影響を受けやすく、予想以上に滑らないケースが度々見られた。

初めて経験する連戦に、日々体力を削られ……。

 もう1つの問題は、長丁場を戦うための体力だった。

 大会を終えたあと、アメリカ戦で涙を見せたサードの吉村紗也香は言った。

「11試合でどんどん疲れてくる中で、ショットを決めなければいけないのにミスをしてしまった。体力面を強化しなければいけないと思いました」

 セカンドの小野寺佳歩もこう語る。

「1日2試合ずつやっていく体力がなくて、ショットのぶれやミスが多くなってしまいました」

 2人にとっては、今回が初めて出場する世界選手権だった。

 慣れないアイスに加え、体力的にも厳しい環境、そして地元北海道での開催から来るプレッシャーもあったのだろう。それらもまた、消耗につながった可能性が高い。

【次ページ】 チームが大きく変化する中で手にした6位。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
小笠原歩
近江谷杏菜
小野寺佳歩
吉村紗也香
北海道銀行フォルティウス
平昌五輪

ページトップ