SCORE CARDBACK NUMBER

男女マラソンで好記録。陸連“再建策”の評価。
~「駅伝重視」を打破できるか~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byToshihiro Kitagawa

posted2015/03/30 10:00

転倒するアクシデントを乗り越えた前田は、ゴール後、ダイハツ・林清司監督に喜びの報告。

転倒するアクシデントを乗り越えた前田は、ゴール後、ダイハツ・林清司監督に喜びの報告。

 ようやく明るい兆しが見えてきた。

 今夏に北京で行なわれる陸上世界選手権のマラソン代表選考対象レースは3月8日の名古屋ウィメンズマラソンですべて終了したが、シーズン終盤になり好記録が相次いだ。

 名古屋では、フルマラソン2度目の前田彩里が2時間22分48秒と日本女子歴代8位、日本選手では8年ぶりの23分切りを果たし日本勢トップの3位。一方の男子では、東京マラソンで今井正人が現役日本選手では最速タイムの2時間7分39秒で7位。ともに代表入りを決めた。

 オリンピックをはじめ、国際大会で日本のマラソンが低迷して久しい。その中で好記録が生まれた背景には、日本陸上競技連盟が始めた再建策がある。昨年4月に始まった「ナショナルチーム」である。選抜された選手とコーチが合同で合宿を実施するなどして強化を図るものだ。

 といっても、限られた日数で行なわれるものであり、その場での練習がただちに効果を発揮するとは陸連もまだ考えてはいなかった。最大の目的は、互いに刺激しあうことによる相乗効果への期待や、世界で戦う意識を持たせること、トップランナーとしての自覚を促すことにある。

ナショナルチームが選手たちに与えた好影響とは?

 それはたしかに選手たちに影響を及ぼした。前田は昨夏の海外合宿で野口みずきらと一緒に練習した。野口の練習量を見て「自分は到底及ばない」とショックを受けたと言う。名古屋のレース前には「昨年と練習量も距離も違います」と自信を見せていたが、そうした刺激も大きかっただろう。

 一方の今井は学生時代に箱根駅伝で脚光を浴びたが、その後足踏みが続いていた。だが、昨夏の北海道合宿後、男子長距離マラソン部長の宗猛氏が「暑さに強い。世界選手権で走ってほしい」と語るなど周囲の期待をより集めるようになった。それが奮起を促し、30歳にしての自己記録の大幅な更新につながったのだ。

 これまで低迷の主な理由として「駅伝重視でマラソンに目が向いていない。練習もマラソン向きではない」と言われてきた。それを破るための試みがナショナルチームだと言える。

 そして久しぶりの好記録は、他の選手たちにも刺激となる。栄光を取り戻すまでの道のりはまだ遠いが、それでも日本マラソン界はたしかな一歩を踏み出した。

関連コラム

ページトップ