横綱・白鵬の言動は問題ある? 問題ない?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

 大相撲春場所で前人未到の34回目の優勝を飾った横綱・白鵬ですが、このところその言動に注目が集まっています。  そもそもの発端は今年1・・・続きを表示

●問題ある
●問題ない

1-17件を表示 / 全17

すべて| 問題ある| 問題ない|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
  • ジャッジへのクレームはどのスポーツでも容認されていない。白鵬の肩を持つわけではないが、横綱も審判のジャッジは絶対であることは百も承知で言っているし、品格問題とすぐに騒ぎ立てるけど黙っていることだけが品格ではない。
    弱冠30歳で歴代最多優勝の横綱のいうことを頭ごなしにつぶす方がおかしいでしょ。

    とりわけ、外国人力士に対して穿った報道をすることが多いマスコミの方が大問題である。

    TORONCOさん2015/03/26 09:48に投稿

    9
    そう思う!
  • 問題云々いう前に、メディアの不当ともいえる取り上げ方にも問題があるのでは(思うのだけれど、日本のメディアは一部を除いて全体的に「勉強不足」である。)? 白鵬関にとっての不幸は、現役だった頃の朝青龍が問題児であるがゆえに自らを律するというか自らの「色」を出すことができなかったことにあると思っている。
    ようやく自分のカラーが出せる、と思った矢先に親方との不仲・指摘された所作の問題・自らの発言をメディアによって曲解(「木を見て森を見ず」というようなのが日本って多いのだ、特にスポーツ紙は)、といった諸々が重なってしまったのであろう。
    よく見てみると、横綱ほど日本に対してフェアに接してくれている人もいない。先の震災での支援は言うに及ばず、日本に寄り添い続けてくれている(ついでに言えば奥様も日本人だ)。こんなことが今の日本人力士にできるだろうか?
    それはともかく、白鵬関の健闘と幸運を祈る!

    赤鯱と梟さん2015/03/24 20:56に投稿

    3
    そう思う!
  • 審判部を批判したことで、その事の決着はとっくについています。

    当事者同士で決着したことを、なぜか外部であるマスコミが、しつこくいつまでも騒いでいるだけです。

    ハッキリ言って、マスコミが異常だと思います。白鵬の数々の偉業は称えず、批判の時だけ大騒ぎ。マスコミに背を向け続けると批判、白鵬が怒ったら「品格、品格」、コメンテーターは好き勝手に無知で無責任なことを言う。これは完全にイジメの図式ですよ。

    14日目の稀勢の里との取組においても、あれはどう見ても『変化』ではない。テレビで見ていたが、軽く横にステップしただけ。「珍しい立ち合いするなぁ」と感心すると同時に、「あんなので倒れるのかよ」「足が全然出てねぇじゃん」という、稀勢の里への呆れでした。それがマスコミにかかると「横綱相撲じゃない」そうで・・・。

    イジメ状態においては、何を言ってもやっても批判されます。でも、白鵬は悪くないですよ。

    Dブライアンさん2015/03/24 21:25に投稿

    3
    そう思う!
  • 判定批判の時は酒が残っていたようなのでいただけないですが、そもそも宴会も会見も本人都合は全く考慮されないスケジュールでしょうから。酔った状態での失言ととらえていますが、だからこそ本音だったのでは?「異を唱えない事が美徳」なんて今時ナンセンス。白鵬関は最高に武道家らしいし、その人の発言だからこそ、余程思うところがあったのだと思います。耳を傾けるべきだと思います

    kentaさん2015/03/26 01:20に投稿

    3
    そう思う!
  • 正しいかどうかは別にして、当事者が思ったことを言ったら批判でけしからん、というのは大人気ない。白鵬の言い方にも問題はあるのかもしれないが、協会側の度量の狭さを示してしまったと思う。両者に謙虚さが足りないのかも知れないが、都合の悪い事、耳に痛いことでも聞き入れた上で、反論があるならきちんと論理立ててすれば良いだけの話だと思う。

    coffeeさん2015/03/24 19:57に投稿

    2
    そう思う!
  • 「白いものを黒と言われて」黙っていなきゃいけないのが日本の国技なんでしょうか。それじゃ“親方”じゃなくて“親分”の世界でしょ。
    世界のどんなスポーツよりずっと早くビデオ判定を取り入れた相撲界。勇気を持って、人間の誤りを認めるシステムを採用していることを、誇らしく思っていたのに、今回の騒動では“親分衆”の味方をする人があまりに多く、たいへんガッカリしました。

    おでん好きさん2015/03/24 21:45に投稿

    2
    そう思う!
  • 白鵬の審判問題なら、当事者間で決着済み。
    マスコミの連日の子供じみた嫉妬深い報道こそが問題だ。
    またマスゴミの低レベルな面が見られた。残念だ。

    tama001さん2015/03/25 11:26に投稿

    2
    そう思う!
  • (審判の判定に)我慢するのも横綱。
    なぜなら横綱は力士にとっての教科書だから。
    教科書に例外的行為は載らないもの。

    (懸賞金やインタビューなどで)力を誇示しないのも横綱。
    勝って当たり前を相撲自体で示すのが横綱のつとめだから。

    なぜ土俵入りの際、横綱は腰にしめ縄を巻くか。
    神社のお社やご神木と同様に、神様が降りられるようにするため。
    戦いの神様に、自らの体を差し出して降りていただく。
    だから、努めて謙虚に、謙虚に、していなければならない。

    るーくさん2015/04/03 14:47に投稿

    1
    そう思う!
  • どんなスポーツにおいてもそうですが、プレーヤーが審判の判定には
    クレームをつけてはいけないと思います。
    まして、相撲界においては横綱という立場はすごく強いので
    そこは、たとえ不満があったとしても黙してドンと構えていてほしいですね。

    Seijiさん2015/03/24 23:05に投稿

    1
    そう思う!
  • 白鵬の実績は間違いなく偉大なもの。他の力士がふがいない、頼りないとしても、60連勝や2度の6連覇、横綱になって休場なしといった実績は本人の努力の賜物でもあるはずです。また今の人気再興までの不遇の時代を支え、被災地支援や普及活動への姿勢も、相撲界の第一人者として称えられるべきではないでしょうか。
    そういう面への評価は総じて薄く、急に手のひらを返したり問題をおかしく取り上げられたりする日本のマスコミの姿勢も、また事なかれ主義のように曖昧に解決を図ろうとする北の湖理事長以下相撲協会の姿勢も、ほめられたものではありません。

    しかし白鵬もそれはわかっていたはず。また海外勢が増えてきたといっても「日本の国技」と呼ばれる以上、相撲の伝統や日本のあり方を尊重するべきとも思います。
    そういう点では、厳しい見方ですが「叩かれる材料を提供する言動になったことへの白鵬の不注意」に、問題があると言えるのかなと。

    するのは苦手見るのは得意さん2015/03/24 23:25に投稿

    1
    そう思う!
  •  言動だけではなく所作もいかがなものかと思います。仕切りの中で俵を踏む行為を奇異に感じます。勝っても負けても「凛」としたたたづまいを魅せた豊真将を見習ってほしい。相撲道なんです。ただ勝てばいいというものではないと思うんですが。

    手許 不如意さん2015/03/26 17:45に投稿

    1
    そう思う!
  • 審判批判は問答無用で問題あり。
    しかし、今回の件はマスコミがもっと大問題。

    明確な誤審であれば酌量の余地はあるが、そういうわけではない。
    まあ、自分は誤審(足が反ってたのを気づいていない)と思っていたから言ったのだろうけど、それでも審判批判は問題。

    審判部ももう少し詳しく説明してあげればよかったら、というのがあるが本質的な話ではない。

    とにかく問題はマスコミ。
    理事長も「もうすんだこと」と場所前に宣言。(事なかれ主義でいいのか?というのはあるが)
    横審も「もうすんだ」と場所後に結論。
    でも、マスコミだけ「審判部に謝れ!」の大合唱

    確かに、人種問題とか横綱の所作とか帰化問題とかいろいろ問題はあるが、それ以前の問題。

    横綱が沈黙した原因は明らかに「マスコミ不信」なの自覚してる、NUMBERさん?
    ここで「マスコミに問題があると思いますか?」と聞いたほうがいいのでは?

    BCDさん2015/03/26 23:17に投稿

    1
    そう思う!
  •  この相撲が白鵬と稀勢の里が逆の立場だったらどうでしょうか?絶対に物言いはつかなかったと思います。それがわかっていたうえでの発言でしょう。稀勢の里が日本人力士の希望の星であることはわかりますが、相撲界は大関昇進時の対応も含めて稀勢の里に甘すぎます。逆に白鵬には厳しすぎます。相撲界、マスコミも白鵬の欠点ばかりあげつらうのではなくもう少し白鵬の功績を真摯に評価すべきではないでしょうか。相撲の歴史や品格について指摘する人もいますが、歴代の横綱に比べても相撲の歴史を研究し、先輩を敬う姿勢は比肩するものはないと思います。

    bayern&carpさん2015/04/02 19:18に投稿

    0
    そう思う!
  • 物議を醸した初場所の一夜明け会見から白鵬、マスコミの双方とも引くに引けず意固地になっている部分が今日まで引きずっている感じだ。沈黙の横綱vs煽るマスコミの図式はまだまだ続くだろう。度重なる不祥事の中、一人横綱として土俵を支えたことには敬意を表する。しかし横綱として立ち合いでの度重なる張り差し。勝ち誇った表情や懸賞金を受け取る時の所作など心技体の心の部分が欠落しているのは事実だ。かつて中日ドラゴンズの監督だった落合博満氏は勝つ事が最大のファンサービスと言った。しかし相撲は勝てば何をやっても許されるものではない。日本独特の伝統文化が外国人には理解できない部分も多々あるだろう。しかし郷に入れば郷に従えと言う言葉がある。この言葉を肝に銘じてこれかも日本で真摯に相撲道に精進してほしい。それが嫌なら髷を切るべきだ。三大関が地位を守るのが精一杯では今後白鵬の独走、照ノ富士の大関昇進も時間の問題だろう。

    スターマンさん2015/03/24 20:48に投稿

    0
    そう思う!
  • 難しい。非常に難しい問題です。
    少し距離を置くと、報道機関が率先して行司や審判を批判する事って無い事に気がつきました。ある選手が、ある関係者が、あのジャッジに不満がある。とか、誤審だ。とか、やってられない。という発言があった。と、報道し拡散しているのが現状です。
    この時点でも、ジャッジについては黙殺され、品格に代表される言葉で個人のバッシングが行われているように感じています。競技を見守る立場として報道側もジャッジの正当性について各社が報道してくれたらよろしいように思います。
    今回は、大きな取材先であり発言者であった横綱に対してバッシングが行われた結果、取材が出来なくなって、更に追い打ちをかけているようにも見えなくはありませんが、日頃の取材活動において何か問題があったようにも推測します。色々大変だとは思いますが、自らの立場を認識しふんどしを締め直す意味でも「問題ある」に投じます。

    たけまろさん2015/03/25 10:57に投稿

    0
    そう思う!
  • 問題はあると思います。
    スポーツは審判がいるからこそ成り立ちます。相撲も例外ではありません。
    審判だって人間だし誤審はありますが、それを含めてスポーツなのではと思います。
    それを踏まえると、白鵬の審判批判は横綱以前にアスリートとしてNGのコメントですし、残念です。

    しかし、白鵬は朝青龍引退後、親方の弟子に対する暴行致死事件に八百長発覚による本場所中止、東日本大震災など、角界における未曾有の危機を第一人者として支え、且つ結果を出し続けています。
    白鵬に対する批判がメディアでは数多く見受けられますが、白鵬に対するリスペクトに欠けた報道が多い事こそ、「問題ある」と思います。

    わんすけさん2015/03/25 12:16に投稿

    0
    そう思う!
  • 審判に絶対を求めるような発言は、そもそもすべきではないと思う。
    しかしメディアはこの発言だけを取り上げるのではなく、ここに至った経緯も含めて紹介するのが仕事だと思う。

    snbkykさん2015/03/27 03:13に投稿

    0
    そう思う!

ページトップ