サッカーの尻尾BACK NUMBER

2強の戦術の“対称性”、完全消滅!
らしさを捨てたバルサ、クラシコ制す。 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/03/23 16:30

2強の戦術の“対称性”、完全消滅!らしさを捨てたバルサ、クラシコ制す。<Number Web> photograph by Getty Images

クラシコでは初得点となる決勝点を決めたスアレス。バルセロナとレアル・マドリーの勝ち点の差は4に広がった。

 クラシコの熱気は、まだカンプノウのあちこちに残っていた。

 試合終了から1時間、ミックスゾーンを通るバルサの選手の口からは似たような言葉が出てくる。

 まずはイニエスタだ。

 大一番にも関わらず、その佇まいはまるで近所でボールを蹴ってきましたとでもいうように落ち着いている。

「色んなことが起こった90分だった。僕らが攻めたり、マドリーが押し込んできたり。ただ、今のバルサは試合展開に応じてどういう風にプレーするかを選択できる幅の広さがある。スアレスに裏を狙わせたり、スピードあるカウンターをしたり……」

「バルサ=カウンター」を決定づけたクラシコ。

 決勝点を決めたスアレスは、バルサでこれまで決めたゴールの中で一番重要なゴールだったよと、テレビカメラを前に嬉しそうだ。

「バルサは、ボールをキープして試合をコントロールするイメージが定着している。それがバルサのサッカーだと。今日はまったくそうじゃなく、行ったり来たりの、とてもダイレクトなサッカーだった」

 最後はマスチェラーノだ。

「サッカーはポゼッションだけじゃない。バルサには長年追い続けてきたモデルがあるし、もちろんそれはリスペクトする。けれどサッカーにはいろんな局面がある。プレスもしなければならない。自陣で耐える時間帯もあるだろう。今やれているようにセットプレーを上手く利用することも大事だ。バルサは今のように総合的にバランスの取れたチームにならないと」

 クラシコでこれほどダイレクトなサッカーに徹したバルサも珍しい。しかもホームのカンプノウで、である。

 もはや選手たちも認めている。

 2-1でバルサが勝ったクラシコは、「バルサ=カウンター」を決定づける90分間だったのだ。

【次ページ】 バルサの変化とともに、2強の対称性が消滅した。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
バルセロナ
ルイス・スアレス
ネイマール
リオネル・メッシ
ルイス・エンリケ
レアル・マドリー
クリスティアーノ・ロナウド
カリム・ベンゼマ
ギャレス・ベイル
クラシコ

ページトップ