松山英樹、勝負を決める108mmBACK NUMBER

松山英樹が珍しく見せた「困った顔」。
23歳が探す、大人と子供の最適比率。 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/03/25 10:35

松山英樹が珍しく見せた「困った顔」。23歳が探す、大人と子供の最適比率。<Number Web> photograph by AFLO

今季のトップ10入り回数でツアー首位に立つ松山英樹。パワーランキング(試合ごとの優勝予想順位)で上位の常連となった彼も、まだ23歳。スタイルを定めるのはまだ少し先でいい。

 アーノルド・パーマー招待の会場となったベイヒルを歩きながら、松山英樹のプレーを眺めていた。松山は同大会初出場。なぜ昨年大会には出ていなかったのだろうと、ふと思っていたら、誰かが「卒業式ですよ」と教えてくれた。

 そう、1年前の今ごろ、松山は東北福祉大学の卒業式に出席するために一時帰国していた。当時の彼は、ゴルフクラブを握ればすでに一流だったけれど、一般社会においては「まだ大学を出たばかりの子供」だった。だがその子供は、あれから1年を経て、ずいぶん大人になった。

 そんな松山の変化をチーム松山の一員として、つぶさに観察している人物がいる。松山の用具を担当するクリーブランドゴルフ/スリクソンのツアーレップ、藤本哲朗氏だ。この1年で、松山の何が一番変わったと思うかと藤本氏に尋ねた。

「去年の今ごろは左手首が痛かったせいで、納得いく練習ができなかった。でも、この1年で肉体の状態が格段に良くなり、まだ100%ではないけど、存分に練習できている。それが一番大きいですよね」

「マスターズに向けてこんなの用意してください」

 松山は、バッグの中身をなかなか変えないタイプだ。「でも、いろいろ試すことは結構するんですよ」と藤本氏。試さなければ、いや、試せるだけの余力がなければ何も始まらない。1年前と比べて肉体の状態が良くなったことは、練習量にも用具の充実にもプラスの変化をもたらした。

「去年の後半ぐらいから『来年のマスターズに向けてこんなの用意してください』と松山くんが依頼してきたのが、今彼がバッグに入れ始めた新しいウエッジです。以前は54度と58度の2本でしたけど、今は50度、56度、60度の3本。ロフトの幅が広がったことで小技のバリエーションの幅も広がった。それが彼のスコアリング向上につながっている面はあると思います」

【次ページ】 左手首に急に走った痛み、翌日には消えたが……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
松山英樹

ページトップ