マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

選抜前に“あまのじゃく”選手診断。
高橋純平はまだ、今が旬は高橋奎二。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2015/03/19 10:40

選抜前に“あまのじゃく”選手診断。高橋純平はまだ、今が旬は高橋奎二。<Number Web> photograph by Kyodo News

県岐阜商の高橋純平は、早くもドラフト1位候補と言われる本格派右腕。しかし、選抜では夏以上に「戦前の予想を覆す大物」が登場するのも事実なのだ。

 組み合わせ抽選が終わると、私の中で、急にワクワク感が昂揚してくる。

 これは春・夏の高校野球もそうだし、社会人野球の都市対抗もそうだ。トーナメントは相手の顔がわかってはじめて、見る者のイメージも急にリアルになるものだ。

 すでに、多くの雑誌や新聞で、このセンバツの話題の選手たちが報道されている。去年の秋の公式戦や、もっと前の夏の甲子園、センバツでそのプレーを見ている選手については、このひと冬でどんな変わりようをしているのか。

 上手くなったのか、それとも……。

 初めて出会う選手たちには、手持ちの情報をイメージの中でつなぎあわせて、勝手に「こんな選手像」を構築する。

 曲でいえば“イントロ”か。そんな想像の時期も、高校野球の時間なのだ。

見て、聞いて、会って“勝手な納得”をしてみたい。

「大会を代表する選手たち」

 そんな表現で、大きく伝えられる選手たち。

 ほんとにそうかなぁ……。

 私は、どんなことにでも、そういう切り口で顔を寄せていく。誰々さんがそう言っているから、そうだろう。新聞にそう書いてあるから、そうなんだ。そういう“理解”が最もつまらない。

 いわゆる、知ったかぶりである。

 自分の目で見て、耳で聞いて、会ってみて、それで「ああそうか」と“勝手な納得”をしてみたい。

 だから、私は出かけていく。見てきたことしか、語れない。今年のセンバツも、そんな“あまのじゃく”な目で選手たちを見てみよう。

【次ページ】 逸材揃いの野手の中でも目立つ、敦賀気比・篠原涼。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
敦賀気比
平沼翔太
篠原涼
静岡
鈴木将平
県岐阜商
高橋純平
龍谷大平安
高橋奎二
センバツ

ページトップ