Number on NumberBACK NUMBER

マーリンズの不思議。
~年俸総額の急激な増減~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/03/18 10:10

マーリンズの不思議。~年俸総額の急激な増減~<Number Web> photograph by Getty Images

メジャー15年目のシーズンを迎えたイチロー。過去14年で2844本のヒットを放っている。

 イチローの新天地はマイアミ・マーリンズに決まった。マーリンズは、米大リーグ全30球団の中でも、日本人選手がプレーするのはイチローが初めてということもあって、日本の野球ファンに馴染みの薄い球団だと言えるだろう。歴代成績と観客動員から、このチームの特色について考えてみたい。

創立22年、ワールドシリーズで2度制したが……。

 マーリンズは1993年に創設され、球団の歴史はまだ22年、その成績を見ていくと、なかなか興味深いものがある。プレーオフに進出したのは22年間で1997年と2003年の2回だけだが、いずれも地区2位、ワイルドカードだった。しかしその2回のチャンスで、いずれもワールドシリーズで優勝しているのである。地区優勝をしたことはないが、ワールドシリーズ制覇は2回というわけだ。

 この22年間に関して言えば、ワールドシリーズで2回以上優勝しているチームはマーリンズのほかにレッドソックス、ヤンキース、ジャイアンツ、カージナルスだけ。そう考えると大した成績だが、マーリンズの場合、それ以外のシーズンとのギャップが大きいのである。そのギャップの大きさが球団の特徴と言っていいのかも知れない。

世界一になった翌シーズン、54勝しかできなかった。

 22年のうち16年で勝率が5割を下回っている。ワールドシリーズで優勝した年以外で、プレーオフ進出をぎりぎりまで争ったのは、貯金12で地区2位になった'09年だけと言っていいだろう。すでに11年連続してプレーオフ進出を逃している。

 中でも注目しなければならないのは、ワールドシリーズを初めて制覇した翌年、'98年は54勝しかできず、両リーグを合わせても最下位の成績に終わっているという事実だ。なぜ、これほど成績が下がってしまったのか。'97年の優勝に貢献した115打点のモイゼス・アルー、16勝のケビン・ブラウン、35セーブのロブ・ネンといった高給のスター選手を次から次へとオフにトレードで放出してしまったのである。

【次ページ】 球団の基本的な経営方針が、よく分からない……?

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
マイアミ・マーリンズ
イチロー

ページトップ