ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~BACK NUMBER

悲劇の記録でも心に残る“敗北の中の栄光”。
~『スコット南極探検隊』を読む~ 

text by

馬立勝

馬立勝Masaru Madate

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2015/03/18 10:00

悲劇の記録でも心に残る“敗北の中の栄光”。~『スコット南極探検隊』を読む~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『世界最悪の旅-スコット南極探検隊』チェリー・ガラード著 加納一郎訳 中公文庫 838円+税

 探検記の古典、極限状態での人間の勇気の記録だ。20世紀初頭、雪と氷の白い大陸を舞台に争われたイギリスのスコット隊とノルウェーのアムンセン隊の南極点到達競争は、アムンセンが勝利した。しかし、敗れたスコットが勝者にもまして語り継がれるのは、ほぼ全員遭難の悲劇もあるが、本書の力も大きい。著者は24歳でスコット隊に動物学者として参加し、探検終了後10年の時を置いて感情を交えず、事実を伝えることに徹して探検の全容を語った。

スコット隊が最初から抱えていたハンデとは?

 圧巻は、アムンセン隊からおよそ1カ月遅れで極点に達したスコット隊5人の帰還行だ。基地に戻らぬスコットの捜索隊に加わった著者は、スコットらの遺体と共に発見した彼らの日記、記録で極点到達から遭難までの2カ月余をよみがえらせた。帰還は南極の夏には例外的な悪天候の中で食糧、燃料の欠乏と凍傷に苦しみながら氷点下40度の雪原を人力でソリを引く凄絶なものとなった。負傷していた隊員が亡くなる。スコットはアヘン錠剤とモルヒネを示し「苦しみを終わらせる方法」を全員に知らせる。悪化した凍傷で歩行困難になった隊員は皆の負担になるまいと、自らテントを出る。スコットの日記の最後は「最後まで耐えねばならぬ。だが、最後は目前。これ以上書き続けるのは困難……」。

 絶望的な状況の中でスコットを始め隊員たちすべてが自己犠牲、団結心、勇気を失わず平静だったのに感動する。

 著者は“失敗”の分析もしている。スコット隊には最初からハンデがあった。極点先着だけを目指しソリひき犬まで動く食糧としたアムンセン隊と異なりスコット隊の目的は学術調査だ。探検資金集めの方便の「競争」が比重を増し二兎を追う結果になった。厳寒に弱い馬を主な運搬手段としたミス等の指摘。それはリーダー論、組織論、危機管理論として読めるが、心に残るのはやはり人間精神の気高さを示す「敗北の中の栄光」だ。

 日本での本書の最初の出版は1944年。用紙も不足する戦争末期に敵国の国民的英雄の探検記が出されたのだ。本書の価値を見出した多くの人々がいたからだと思いたい。

関連コラム

ページトップ