ブックソムリエ ~新刊ワンショット時評~BACK NUMBER

チームは一歩ずつ階段を上る。
~野村謙二郎が記したカープの成長~ 

text by

幅允孝

幅允孝Yoshitaka Haba

PROFILE

photograph byWataru Sato

posted2015/03/17 10:00

チームは一歩ずつ階段を上る。~野村謙二郎が記したカープの成長~<Number Web> photograph by Wataru Sato

『変わるしかなかった。』野村謙二郎著 KKベストセラーズ 1400円+税

 今年こそは広島東洋カープの年になる。緒方新監督が就任した赤ヘル軍団に期待を寄せるファンがいつも以上に多いことは、野球界を包む空気に現れている。黒田の日本球界復帰や「キクマル」コンビなどに代表される若手の底上げなど、ポジティブな側面は実に多い。だが、24年ぶりの優勝を狙うチームが急にできあがったわけではないことが、この本からは見えてくる。すべては一歩ずつ踏みしめ上ってきた階段の上に在るのだ。

「暴走教師」から皆に委ねるスタイルに変更して。

 カープ前監督の野村謙二郎が綴った5年間の苦闘の記録。それが『変わるしかなかった。』だ。監督を「やりたい/やりたくない」という選択肢では捉えず、「家業を継ぐ」ような必然として考えていた野村。1年目、チームにインパクトを与えようと「暴走教師」のように選手と向かい合うが、すぐに状態が上向くほど野球は甘いものではない。この年ブレイクしたマエケンが投手三冠+沢村賞をとったにも関わらず、チーム防御率は4.80。投手陣は崩壊状態で、首位の中日には21.5ゲーム差をつけられた。

 野村監督の任期中、最もドラスティックにやり方を変えたのが2年目の2011年。この年の彼の変化は最も重要な部分だ。チームを一歩引いたところから俯瞰し、皆に委ねるという姿勢を学んだ。曲げられない部分があったからこそ変われたと彼は語るが、その境地に至るまでの道のりは様々な読者の指針となるだろう。寛容と妥協が違うものだと気付いた人間は強い。そんな野村のイズムがしっかり根付いていれば、おのずと結果はついて来るはず。さあ、花を咲かせる時だ。

関連コラム

ページトップ