JリーグPRESSBACK NUMBER

王者G大阪は、まだ冬眠中なのか?
遠藤保仁が語るチームに必要なもの。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2015/03/11 10:35

王者G大阪は、まだ冬眠中なのか?遠藤保仁が語るチームに必要なもの。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

今季でプロ入り18年目の遠藤保仁、J1通算100得点と通算500試合出場がかかっている。

 Jリ-グの開幕戦、ガンバ大阪はFC東京相手に2-2のドローで終わった。結果だけ見れば悪くないのかもしれない。だが、2-0から追い付かれての勝ち点1には、勝ち点3を奪い切れないもどかしさを感じた。

 今シーズンは、1ステージが17試合の短期決戦だ。勝ち点の重みは、1シーズン制の時よりもズシリと響いてくる。昨季三冠を達成したガンバはどのような開幕を迎えたのか。

「勝ち切れれば一番良かったと思いますが、勝ち点1を取れたし、気にする内容じゃない。全体的にハードワークが出来ていたし、内容的には向上しているし、いいゲームが出来たんじゃないかと思います」

 試合後、遠藤保仁は、そう語った。

今季すでに3試合戦うも、まだまだ本調子とはいえない。

 遠藤のコメントからは、内容としてはまだまだであるということが読み取れる。実際、開幕戦を迎えるまでガンバはACLなど3試合を戦っているが、ゼロックス杯で浦和に2-0で勝利したものの、ACL2戦(広州富力戦:0-2、城南戦:0-2)で2敗するなどと本調子ではない。

 浦和との試合も、ボールを支配する時間が少なく、相手に押し込まれる展開だった。ゴールもCKからとカウンターでの2点。昨年のような力技で点を取りにいく迫力はほとんど見られなかった。

 一方、ACLではボールは保持しているが点が取れない。さしたるピンチのないままに守備が我慢し切れずに失点し、星を落とした。FC東京戦は相手が足を止めた隙を突き、先制点を奪い、追加点も後半8分に宇佐美貴史のPKでという理想的な時間だった。だが、1失点目は人数がいたのに武藤嘉紀にうまく抜かれ、2失点目はクリアーボールが武藤に納まり、中央からクリーンシュートを打たれた。

 ややアンラッキーな面もあったとはいえ、結果は出ていない。攻守が噛み合わず、なんとなくチグハグなG大阪。まだ、冬眠から覚めていないのか。

「シーズンが始まったばかりでうまくいかないことが多いけど、あわてる必要はない。全体を見れば昨年の今ごろと比較してもはるかにいいと思うんで」

 遠藤は、そう昨年を振り返る。

【次ページ】 J1に復帰した昨シーズンも、序盤戦は苦しんだが……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
遠藤保仁
ガンバ大阪
アジアチャンピオンズリーグ

ページトップ