フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

日本勢、男子金銅、女子銅の世界Jr.。
次世代フィギュア界が見えてきた! 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byDave Carmichael/AFLO

posted2015/03/10 12:00

日本勢、男子金銅、女子銅の世界Jr.。次世代フィギュア界が見えてきた!<Number Web> photograph by Dave Carmichael/AFLO

世界ジュニアの男子シングル表彰台。左からボーヤン・ジン(中国)、宇野昌磨、山本草太。今後、この3人が世界の頂点で競い合う光景を、何度見ることになるのか……。

 3月2日から8日までエストニアのタリンで開催された世界ジュニア選手権で、日本は男子の金と銅メダル、女子は銅メダルと合計3個のメダルを獲得した。

 昨年12月にジュニアGPファイナルのタイトルを手にし、全日本選手権ではベテラン勢を押しのけて2位となった17歳の宇野昌磨。4度目の挑戦となる今シーズンの世界ジュニア選手権で、みごとに金メダルを手にした。

 SPではほぼ完璧な滑りを見せて、84.87を獲得。本人にとっては2月の四大陸選手権で出した88.90のほうがポイントが高いが、ジュニアの国際試合では史上初の80点台だった。

 フリーでは冒頭で予定していた4回転が3回転になったものの、残りはほとんどノーミスで滑りきり、体全体を使って音楽を伸びやかに表現した。フリーは2位だったが総合でトップを保った。

 今シーズン8試合に挑戦した宇野にとって、ここでの勝利は5度目の金メダル。ジュニアとシニアではプログラムの長さも違い、1シーズン中に両方に出場するのは楽ではなかっただろう。プレッシャーに負けることなく、ジュニアでもっとも大きなタイトルをものにした。

SP7位から総合3位へ挽回した山本草太。

 SPでは3アクセルの回転が足らずに7位スタートだった15歳の山本草太は、フリーでは2度の3アクセルを完璧に降りて、銅メダルを手にした。4回転こそまだないものの、ジャンプの軸がきれいで、体が出来上がっていくこれからの成長が楽しみな選手だ。

 フリーでは中国の17歳、ボーヤン・ジンが4回転を3度成功させて1位。SP5位から総合2位となった。4位は、昨年度のこの試合で銅メダルを手にした米国のネイサン・チェン。SP2位だったロシアのアディアン・ピトキーヴ、SP3位だったアレクサンドル・ペトロフはフリーでミスが出て、それぞれ5位、6位に終わった。

 興味深いことに、男子はアジア系の選手がトップ4位を占めるという結果となった。

【次ページ】 ロシア勢に挑んだ樋口新葉が銅メダル。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
宇野昌磨
山本草太
ボーヤン・ジン
ネイサン・チャン
アディアン・ピトキーヴ
アレクサンドル・ペトロフ
樋口新葉
エフゲニア・メドベデワ
セラフィマ・サハノヴィッチ
フィギュア世界ジュニア選手権大会

ページトップ