沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

無敗の弥生賞馬サトノクラウンの衝撃。
クラシックで起きる「西高東低」逆転。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2015/03/09 11:30

無敗の弥生賞馬サトノクラウンの衝撃。クラシックで起きる「西高東低」逆転。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

鞍上の福永祐一も「修正すべき点も何も見当たらない」と手放しで称賛するサトノクラウン。8kg増で弥生賞を完勝しており、今後の上積みも期待できる。

 シンボリルドルフ、スペシャルウィーク、ディープインパクトなど、多くの名馬が勝ち馬に名を連ねる皐月賞トライアル、第52回弥生賞(3歳GII、中山芝2000m)が、3月8日に行なわれた。

 出走馬は11頭。7頭の重賞勝ち馬のうち2頭が2戦2勝の無敗馬で、その1頭、新馬戦とホープフルステークスを完勝したシャイニングレイ(牡、父ディープインパクト、栗東・高野友和厩舎)が単勝1.9倍の圧倒的1番人気に支持された。

 ときおり小雨がパラつくあいにくの空模様で、馬場状態は稍重だった。

シャイニングレイが鞍上の川田を振り落とし、スタンドがどよめく。

 馬場入りしたシャイニングレイが暴れ、鞍上の川田将雅を振り落とすと、スタンドがどよめいた。

「返し馬から力んでいました。頭を振って、ポケットに入っても落ちつくことなく、テンションの高いままでした」と川田。

 ゲートがあくと、ハナに立ったのは大方の予想どおりジャストフォーユーだった。2番手に大外11番枠から出たコメート、その内にシャイニングレイ、1番のベルラップがつづく。

 その斜め後ろに、もう1頭の無敗馬で、単勝6.3倍の2番人気に支持されたサトノクラウン(牡、父マルジュ、美浦・堀宣行厩舎)がつけた。鞍上の福永祐一はこう言う。

「きょうはスタートだけ気をつけていました。イメージしていたとおりのポジションにつけることができました」

 サトノのすぐ外にクラリティスカイ、3馬身ほど遅れてタガノエスプレッソとトーセンバジルが追いかける。

 そこから1馬身ほど後ろに武豊のグァンチャーレがつけ、札幌2歳ステークスの覇者ブライトエンブレム(牡、父ネオユニヴァース、美浦・小島茂之厩舎)は内ラチ沿いで折り合い、タケルラムセスが最後方から追いかける展開となった。

【次ページ】 渋った馬場にしては流れが速くなり、直線へ。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
シャイニングレイ
川田将雅
ジャストフォーユー
弥生賞

ページトップ