フィギュア日本男子、羽生結弦を追う一番手は?

集計グラフを閉じる

 3月末に世界選手権を控え、フィギュアスケートの今季もクライマックスを迎えようとしています。  その世界選手権の最大の注目は、ディフェ・・・続きを表示

●宇野昌磨
●小塚崇彦
●佐藤洸彬
●田中刑事
●日野龍樹
●本田太一
●村上大介
●無良崇人
●山本草太
●その他
 

※選択肢は今季の成績をもとに編集部が選びました。

1-10件を表示 / 全32

すべて| 宇野昌磨| 小塚崇彦| 佐藤洸彬| 田中刑事| 日野龍樹| 本田太一| 村上大介| 無良崇人| 山本草太| その他|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 年齢は低いですがそのポテンシャルから、高難度ジャンプを習得したら一番肉薄するだろうと思われます。ただ、どの選手も羽生選手のように短期間で飛躍するかどうかはわからないと思います。メンタル、モチベーション、技術、感性、圧倒的な人を魅了する力、全て兼ね備えた羽生選手に叶う選手はなかなか出てこないのでは。。。

    mayuriさん2015/03/06 21:04に投稿

    17
    そう思う!
  • 日本男子は本当に層が厚く、羽生選手は抜きん出ていますが、その他上位選手については実力が拮抗していると思います。
    一番伸びしろが感じられるのは、山本草太選手かなと思います。流れるようなスケーティングを持っていてスピンもジャンプも上手で中々オールラウンダーな選手だと思います。
    そしてクワドレスでも、あれだけ点が出ているので、クワドを装備したらかなり上位に肉薄してきそうです。
    そして彼は実力ももちろんですが、「持ってる」存在でもあると思います。
    先のことは憶測でしかありませんが、私は山本草太選手が近い将来世界をリードするポジションにつける可能性が大いにあると現時点で思っています。

    アリサさん2015/03/09 12:22に投稿

    11
    そう思う!
  • すべての要素がバランスよく上手いので

    brbrさん2015/03/06 21:56に投稿

    10
    そう思う!
  • スピードにのった癖のないジャンプが跳べるから。
    スケートも大切だが、男子シングルの華はやはりジャンプであろう。
    高くて飛距離のある癖のないジャンプを跳べる山本選手に期待したい。
    また、氷の上で映える美しさも兼ね備えている。スタイルの面でもフィギュアスケーターとして恵まれている事は重要だと思う。
    宇野選手は今まで3Aが跳べなかった事もあり世界ジュニアは惨敗つづきだったが、山本選手は15歳の初出場で表彰台に乗った。彼のポテンシャルに期待しない人はいない。


    花鳥風月さん2015/03/11 16:58に投稿

    9
    そう思う!
  • フィギュアは技術は無論ながら「見た目」も大きなアピールポイント。世界で評価を受け、一般の方にも注目してもらうにはルックスもグローバルであった方が有利。
    年齢を考えるとJr、山本選手が技術、ルックス、ともに可能性が大と考えます。

    ei4201さん2015/03/06 22:09に投稿

    8
    そう思う!
  • 山本草太選手自身が羽生結弦選手を目標としているので、羽生選手を追う一番手になってほしいという願いも込めて。

    まろさんさん2015/03/06 21:59に投稿

    7
    そう思う!
  • 4回転はまだプログラムに入れていないけれど、ジャンプの質が良く、跳べるようになったら加点が多くもらえそう。スケーティングやスピンも癖がなく綺麗。小顔で手足が長く細身のスタイルは既に世界のトップクラス!

    双子ママさん2015/03/07 17:57に投稿

    7
    そう思う!
  • 15才にして、実力はもちろん、大舞台でも堂々と演技出来る強心臓ぶりに期待が持てる 今は宇野昌磨が一歩抜けてるけど きっと脅かす存在になると感じている

    ゆっきいさん2015/03/09 12:08に投稿

    7
    そう思う!
  • 15歳にしてスタイルの良さとスピードのある演技。羽生選手のようにさらによい指導環境に恵まれれば伸びしろが最もありそうに思います。

    おぜさん2015/03/10 20:30に投稿

    7
    そう思う!
  • 小塚崇彦や無良崇人にもまだまだ頑張ってほしいが、この先の伸びしろの大きさを考えると宇野昌磨だ。

    今シーズンから取り組んだという4回転とトリプルアクセルを早くも試合で成功させる吸収力もさることながら、最も感心するのはその向上心、掲げているハードルの高さだ。シニアデビューがいきなり全日本、そこでいきなり2位表彰台。普通なら満面に笑みを浮かべそうなものだが、まったく満足げな表情を見せなかった(初めての4分半だったフリーで、最後にスタミナ切れして足に来たことが不満だったのかもしれないが)。

    彼のこの精神的な強さ、あくなき向上心は羽生にも負けていない。しかも羽生でさえシニアデビューの年は全日本の表彰台は逃しており、成長の早さは羽生以上だ。スタミナをつけて肉体的にもたくましくなれれば、今後羽生を脅かす存在になる可能性は十分あると思う。

    デュークNaveさん2015/03/06 20:21に投稿

    6
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ