F1ピットストップBACK NUMBER

アロンソ「必ず、伝説を蘇らせる」。
“セナのホンダ”でやり残した仕事。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byAP/AFLO

posted2015/02/24 11:30

アロンソ「必ず、伝説を蘇らせる」。“セナのホンダ”でやり残した仕事。<Number Web> photograph by AP/AFLO

「最初のシーズンは学んでいくことになる」と、契約直後にマクラーレン・ホンダを語っていたアロンソ。それでも……彼は3年契約まで交わしたという。

 ホンダがシーズン前テストで苦しんでいる。

 2月22日にはテスト走行中に、アロンソが“予測不能の突風”(チーム発表)によるアクシデントでクラッシュ。そのまま入院となり、大きな怪我は無いとされているが、現在も経過観察中となっている。結局、ホンダはとりあえずこのテストを早仕舞いすることとなった。

 とはいえ、久々のF1復帰なのだから試行錯誤はつきもの。むしろ、アロンソとバトンという、脂の乗り切ったチャンピオンドライバーが、なぜ今ホンダを選んだのか? ということこそを、いま考えるべきではないかと思っている。

なぜアロンソとバトンはホンダを選んだのか?

 アロンソ&バトンというドライバーラインアップをマクラーレンが発表したのは、昨年12月11日。すでにメルセデスAMG、レッドブル、ウイリアムズ、フェラーリという2014年のトップ4のシートは決定していただけでなく、下位チームのシートもほとんど埋まっていた。

 アロンソとバトンというチャンピオン経験者であれば、彼らを欲しがるチームはいくらでもあり、12月まで待たなくとも2015年のシートを得ることはできたはずだ。しかし、アロンソもバトンも、そうはしなかった。なぜなら、彼らは2人とも、マクラーレン・ホンダの一員になる道を自らの判断で選んでいたからだ。

 それは、やり残した仕事がそこにあったからだ。

フェラーリでの2年間よりホンダを取ったアロンソ。

 アロンソがマクラーレン・ホンダへ行くためには、ひとつの問題があった。それは2016年まで締結していたフェラーリとの契約である。

「フェラーリで2度、タイトル獲得まであと一歩という経験をしたし、あと2年フェラーリと契約が残っていたから、残留することもできた。でも、ホンダのほうが可能性は高いと感じた」と語るアロンソ。

 じつは、アロンソのホンダへの憧れは、少年時代から抱いていたものだった。

「3歳のとき父が買ってくれたゴーカートのカラーリングが赤と白の'80年代のマクラーレン・ホンダのものだったんだ。その後、写真やビデオを見て、さらにセナに憧れるようになり、自分の部屋にセナのポスターも貼っていたよ」

【次ページ】 ホンダの栃木研究所を見て、アロンソは確信。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
フェルナンド・アロンソ
マクラーレン・ホンダ
ジェンソン・バトン

ページトップ