ブックソムリエ ~新刊ワンショット時評~BACK NUMBER

鉄面皮の中身は生真面目な暴君でした。
~ファン・ハールを描く1冊を読む~ 

text by

幅允孝

幅允孝Yoshitaka Haba

PROFILE

photograph byWataru Sato

posted2015/02/15 10:30

鉄面皮の中身は生真面目な暴君でした。~ファン・ハールを描く1冊を読む~<Number Web> photograph by Wataru Sato

『ルイ・ファン・ハール 鋼鉄のチューリップ』マーテン・メイヤー著 田邊雅之監訳 カンゼン 2100円+税

 彼はエキセントリックだと思われがちだが、実際はとても謙虚な男だ。などという言葉を期待してはいけない。この本を読めばわかる。彼の脳内は、あなたの想像以上に頑固で面白い。

 幼少期からマンチェスター・ユナイテッドの監督になるまで、ファン・ハールの歩みを描いたこの伝記。彼のサッカー哲学が形づくられる道のりや、現役時代のエピソードは実に印象深いものだ。

 不遇だった20代前半は選手として芽が出ず、体育教師との二足のわらじを履く苦労人。鈍足だった彼は、前線でボールキープすることのみを求められるのだが、彼は監督にこういうのだ。「僕はボールを持てば、どんなプレーでもできます」。

常人とは違うビジョンに、感情や慮りはいらない。

「ことばの意味はわからんがとにかくすごい自信だ」とはマンガ『キン肉マン』の主人公を讃える名台詞だが、それはファン・ハールという男にも似つかわしい。現役の最晩年を過ごしたAZ時代にアシスタントコーチという肩書きを手に入れて以来、彼は自信みなぎる手腕でチームをドラスティックに改革する。

 多分、彼には見えている。常人とは違うサッカーのビジョンが。見えたら、そのまま伝えないわけにはいかない。そこに感情や慮りといったものは介在させるべきでない。まあ、数多の選手と彼が揉める根源はこの辺にあるのだろう。彼は、いたって生真面目な暴君なのだ。

 トータル・フットボールにマルチロールの概念を導入し、また守備の弱点を補完した彼の戦術論も読みどころのひとつ。その真価がマンチェスターの街で通じるのかは、お手並み拝見といこう。

関連コラム

ページトップ