さよならステイゴールド! 最も印象に残っているレースは?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

 2月5日、種牡馬として活躍中のステイゴールド号が大動脈破裂で急死しました。  1996年からの6年間に及ぶ競走馬時代は、大レースであ・・・続きを表示

1998年 天皇賞・春  (2着 勝ち馬:メジロブライト)
1998年 宝塚記念  (2着 勝ち馬:サイレンススズカ)
1998年 天皇賞・秋  (2着 勝ち馬:オフサイドトラップ)
1998年 有馬記念  (3着 勝ち馬:グラスワンダー)
1999年 宝塚記念  (3着 勝ち馬:グラスワンダー)
1999年 天皇賞・秋  (2着 勝ち馬:スペシャルウィーク)
2000年 目黒記念  (1着)
2001年 ドバイシーマクラシック  (1着)
2001年 香港ヴァーズ  (1着)
その他

1-10件を表示 / 全25

すべて| 1998年天皇賞・春| 1998年宝塚記念| 1998年天皇賞・秋| 1998年有馬記念| 1999年宝塚記念| 1999年天皇賞・秋| 2000年目黒記念| 2001年ドバイシーマC| 2001年香港ヴァーズ| その他|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 当時は「ステイゴールド程度に負けるとはファンタスティックライトも大したことないのう」と思ったが、種牡馬成績までひっくるめて考えると圧倒的にステイゴールドのほうが優れていた。名競走馬にして偉大な種牡馬、絵に描いたような真の名馬だった。

    ただ色んな意味で読めないところがあって、走るか走らないかはゲートを出ないとわからず、馬券的にはすごく扱いにくかった。買ったら来ず、買わないとどこかから突っ込んで来る、というのを何回か経験したのも今となっては懐かしい。

    ぴこ丸さん2015/02/13 15:45に投稿

    4
    そう思う!
  • 最後の最後でGⅠ制覇!!最後の直線は興奮しました。

    卍丸さん2015/02/10 18:02に投稿

    3
    そう思う!
  • 日本の馬が大活躍したこの年の香港国際レース。なかでも、とても届かないような位置からゴール寸前、武豊騎手とともにゴドルフィンの馬を差し切ったステイゴールドのレースは、同じ世界の舞台で戦っている者としてとても興奮して、オーストラリアのテレビの前で鳥肌が立ったのを覚えている。引退レース、50戦目でついにGIを勝ったことに感動した。

    Muzzaさん2015/02/10 18:20に投稿

    3
    そう思う!
  • 正直言ってどれも印象的ですごく迷いました。96年頃から本格的に競馬を見始めて、初めて気になる、応援していた馬でしたから。

    どうしても1つ選ぶなら、目黒記念。

    前々走日経賞、断トツ人気のグラスワンダーが沈み直線で前にはブービー人気のレオリュウホウだけ、勝ちを疑わなかったけどやはり2着、永遠に重賞は勝てないのかと。天皇賞でテイエムオペラオーの4着に敗れた次走の目黒記念、鞍上が見慣れた熊沢騎手からまさかの武豊騎手に乗り替わる衝撃。
    東京競馬場の長い直線を伸びてきて、外のマチカネキンノホシに並ばれずにゴールを駆け抜けた瞬間、ついにやったねステイゴールドおめでとう、武豊騎手はやっぱ巧いなあという気持ちと、熊沢騎手は複雑だろうな…という気持ちが一緒に浮かんだ覚えがあります。
    そして場内を包む、GIにも負けず劣らずの拍手と、池江調教師の嬉しそうな顔も、普通の初重賞制覇じゃないなという雰囲気でした。

    するのは苦手見るのは得意さん2015/02/11 01:05に投稿

    3
    そう思う!
  • 厳密に言うと、その前走の日経新春杯も含まれちゃうんですが…
    日経新春杯は私が生まれてはじめて馬券を買ったレースです。
    あんな小さい馬体に60キロ近い負荷をかけて大丈夫なのか、
    そもそも取りこぼしの多い彼がきちんと勝ちきれるのかと
    いろいろ思いながら、
    WINSの大きい画面をひたすらみつめた事を
    今でも鮮明に思い出します。

    そしてその後のシーマクラシックは、当時世界最強と謳われたファンタスティックライトをハナ差で交わしての勝利。
    残念ながらこれをリアルタイムで視聴する事は叶いませんでしたが
    世界のトップクラスと対等に戦える馬なんだ!と嬉しい気持ちになった半面
    またGⅡなんだね…(苦笑)となったのも今ではいい思い出です。
    その後香港ヴァースに繋がって行くと思うと感慨深いものがありました。

    ステイは私に色々な思い出を残してくれました。
    本当にありがとう。お疲れさまでした。

    hal189さん2015/02/11 08:41に投稿

    3
    そう思う!
  • 全くもって、個人的にこのレースです。馬券取らせていただきました。まだこの時ステイゴールドは条件戦でも勝ちきれなく、重賞でも足りない位の感じでしたが、長距離が合いそうだったので買いましたが、まさか来るとは思っていなくて、ビックリしたのを覚えています。

    しかし、この競争がその後のステイゴールドの善戦マンぶりの始まりであり、その後の色々な活躍になるとは思いもよりませんでした。

    たくさんの思い出ありがとう。ステイゴールド。いつまでも忘れません。

    帝王00さん2015/02/11 19:09に投稿

    3
    そう思う!
  • みんなが幸せに包まれた香港ヴァーズ。海外での国際GIを日本馬が初めて勝った!、あのステイゴールドがとうとうGIを勝った!! いろんな感情がないまぜになった本当に感動的なレースでしたが、このカタルシスは惜敗続きだったそれまでの歴史あればこそですよね。ひとつのレースには絞れないなぁ。

    あえて選ぶなら、失格となってしまった、最後のシーズンの京都大賞典でしょうか。やっぱり勝てないのか~、と逆に笑っちゃいました。

    50戦も走ったこと、重賞に連続36回も出走したこと、種牡馬になってからメジロマックイーンの血を蘇らせてくれたこと。印象に残ることはたくさんあります。本当に残念で悲しいです。

    ご冥福をお祈りします。

    もっとごーさん2015/02/12 00:10に投稿

    3
    そう思う!
  • 私の中では、スペシャルウィーク2着の天皇賞・秋。
    パドックではどの馬よりも小柄な印象でしたが、前年と同じローテーションで出走してきて、我慢比べになれば勝負になると思い、状態がどうなのか見つめていました。彼の馬券を買ったのは、後にも先にもこの1回だけでしたが良い思い出です。(あの時はありがとう!)ラストランの香港でも、種牡馬でもここまで成功するとは、当時は夢にも思わなかったなぁ。

    わっきーさん2015/02/10 19:13に投稿

    2
    そう思う!
  • ステイゴールドは友達のご主人の持ち物でした、競馬場にかよううちに、応援するようになりました、
    いつまでたっても優勝はしなくて悔しい思いでいっぱいでした、目黒記念で1着になり、香港では、はじめて記念のカードをいただきました。
    子供たちが活躍するたびに、いいお部屋に入っているかしらと。思いをはせていました。
    冥福を祈るとともに、こどもたちを守ってくださいと祈ります。

    おおるりさん2015/02/11 15:15に投稿

    2
    そう思う!
  • 最後勝ってよかった。
    豊でよかったけど、彼の主戦は熊沢なんだよな。
    まぁ、彼の場合は現役を退いた後からに目が離せなくなったのですけども。

    たけまろさん2015/02/11 21:14に投稿

    2
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ