野ボール横丁BACK NUMBER

黒田博樹が再び日本で活躍する根拠。
股関節の硬さ、という弱点が長所に? 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/01/19 11:00

黒田博樹が再び日本で活躍する根拠。股関節の硬さ、という弱点が長所に?<Number Web> photograph by Getty Images

黒田博樹のステップ幅は、ダルビッシュ有や田中将大と比べると明らかに狭い。一般的には短所と言われる特徴が適応力を生んでいる。

 少し前まではソフトバンクの松坂大輔が日本でどれだけ勝てるかが話題になっていたが、黒田博樹の広島復帰が決まったことで、俄然、そちらの方にも興味が湧いてきた。

 松坂の場合は、メジャーでは下り坂だったが、日本でかつて超一流だった投手が今、果たして日本でどれだけ勝てるかに注目が集まっている。それに対し黒田の場合は、メジャーでもまだバリバリの投手である。むしろ、日本時代よりすごみを増している。

 黒田が海を渡ったとき、ここまでの活躍を予想できた人は、そう多くはないのではないか。

 日本でも最多勝や最優秀防御率のタイトルを獲得しているとはいえ、松坂や野茂英雄のような突出した数字を残したわけではない。もちろん援護の少ない広島だったということも遠因にあるのだろうが、その点では近年まで同様の境遇にあった前田健太の方がインパクトはあった。

黒田はメジャーでもフォームがあまり変わっていない。

 筑波大学の野球部監督で、運動動作解析の専門家である川村卓は、メジャーで黒田が成功した理由をこう語る。

「メジャーへ行くと、とかくボールの違いばかりが取り沙汰されますが、ピッチャーによってはそれ以上にやっかいなのが硬いマウンドのようです。日本人投手の場合、沈み込んで投げるタイプが多いのですが、そういうピッチャーは足腰に負担がかかり投げにくいのです。ですからステップ幅を狭めて、気持ち上から投げ下ろすような形にする投手が多いわけです。

 そこへ行くと黒田投手の場合は、股関節が硬いんでしょうね、日本時代からもともとステップ幅の大きなピッチャーではありませんでした。だから、さほどフォームを修正する必要がなかった。股関節が硬いという弱点が、逆にいい方に出たという珍しい例だと思います」

 一方の松坂はメジャーのマウンドに馴染めず、大幅にフォームを改造したと報道されている。つまり日本復帰にあたり、そのフォームをまた戻さなければならないのではないかというのが大方の見方だ。

 川村の分析によれば、黒田の場合はその必要がほとんどないのだ。

【次ページ】 フォーム上、いちばん心配なのは甲子園。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
黒田博樹
広島東洋カープ

ページトップ