Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<天才のルーツを探る> 8人の証言で読み解く、“ケイ”の素顔。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/01/19 11:50

世界ランク5位という、日本人には夢物語だった領域に、
水の都で生まれた青年はいかにして辿り着いたのか。
周囲の人々の言葉で浮かび上がる、その強さの原点とは。

 身長約150cmの体に、日本の未来が詰まっているように見えた。

 2001年秋、中国地方の有望な小学生を集めた強化合宿のときだった。ナショナルチームのコーチだった村上武資は、水の都とよばれる松江市出身のひときわ小柄な選手のプレーから目を離せなくなっていた。

「パワーで劣る日本人がこれからどうやったら世界と戦えるのか。その答えを見つけた気がした。あんな衝撃は、もう最初で最後でしょうね」

 村上は手始めにコートの半面を使い全選手とラリーを行った。小学生ぐらいだと通常、きれいに返すことばかりに意識が集中する。ところがその小学6年生はスピード、コース、回転、ポジション、軌道と、一球ごとに変化をつけてきた。

「ウォーミングアップなのに試合をやっているような感覚になってくるんですよ」

 観客を飽きさせないテニス。「錦織圭ショー」の原型は、すでにそこにあった。

錦織にとって最初のコーチ・柏井正樹の遊び心。

 錦織は現在のコーチであるマイケル・チャンについてもらうまで過去、10人以上のコーチから指導を受けた。その中で、おそらくもっとも影響を受けたのが最初のコーチの柏井正樹だ。錦織は小学1年生のときに、母・恵理の同級生の柏井が所属するグリーンテニススクールに入会する。柏井の指導理念の根底に流れるのは遊び心だ。

「テニスなんて、たかがスポーツじゃないですか。楽しまなきゃ損ですよ」

 要所で錦織がマジシャンのように繰り出すドロップショットを伝授したのも柏井だ。日本テニス界では、昔からドロップショットは「姑息なプレー」という偏見が根強くあり、小さいころから「禁じ手」という意識を植え付けられる。しかし柏井は小学生とゲーム形式の練習をしているときでも、自らドロップショットを使った。

「圭は『何それ?』って顔をしてましたね。でも負けず嫌いだから必ず真似してくる」

【次ページ】 錦織は「どんなボールでも当てて返してくる」。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ

ページトップ