サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

長友+太田の左と、酒井1人の右。
三者三様のSBは再び武器となるか。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/01/11 10:50

長友+太田の左と、酒井1人の右。三者三様のSBは再び武器となるか。<Number Web> photograph by Getty Images

クラブでは苦しい時間を過ごす長友佑都だが、90分間衰えない運動量と左サイドの制圧力は健在。

 現状では「2+1」になるだろう。

 アジアカップに臨む日本代表のサイドバックのことだ。

「2」とは左サイドバックの候補者で、長友佑都と太田宏介である。「1」は右サイドバックで、内田篤人の離脱によって酒井高徳ひとりとなった。

 太田は左サイドのスペシャリストで、長友と酒井は左右両サイドに適応する。長友を右サイドで、酒井を左サイドで起用することも可能だ。とはいえ、ふたりが揃って先発した昨年10月のジャマイカ戦では、酒井が右サイドを担当した。ハビエル・アギーレ監督のここまでの起用法に照らすと、現時点では「2+1」のバランスが指揮官の構想と言っていい。

 中盤のプレーヤーとのコンビネーションを考慮しても、長友は左サイドに置くのがベターだろう。同サイドでプレーする香川真司との連携は、背番号5がはっきりと太田に先行している。

 すでに実績十分の長友は、計算できる戦力である。そう考えると、日本代表のレギュラーとして初の国際大会を迎える酒井に加え、左サイドバックの2番手となる太田のプレーも、アジアカップ連覇のポイントになってくると言える。

太田「活躍したい、しなきゃいけない」

 アギーレ体制になってからブラジル戦とオーストラリア戦に先発した太田だが、本人はベンチスタートも想定している。消極性の表れでは決してなく、客観的かつ冷静な自己分析だ。

「試合に出られなくても、チームを盛り上げられるようにしたい。絶対に勝たなきゃいけない大会だし、みんな絶対に勝つと思っているだろうし。そのなかで、自分にできることをやっていきたい。個人的にも、キャリアの中で優勝の経験がないので」

 もちろん、ピッチに立つイメージは作り上げられ、チャンスを渇望している。

「サイドバックの選手が3人ということで、チャンスがあれば活躍したい、しなきゃいけないと思っています。オーストラリアへ行くだけじゃなく、試合に出て勝利に貢献したい」

【次ページ】 最大の武器クロスを生かすためにも、運動量が必要。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
長友佑都
太田宏介
ハビエル・アギーレ
酒井高徳
本田圭佑
塩谷司
アジアカップ

ページトップ