SCORE CARDBACK NUMBER

メジャーから続々と復帰、日米間移籍の「新時代」。
~松坂、中島らに見る意識の変化~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byKYODO

posted2015/01/13 10:30

メジャーから続々と復帰、日米間移籍の「新時代」。~松坂、中島らに見る意識の変化~<Number Web> photograph by KYODO

 昨季まで米国でプレーしていた松坂大輔をはじめ中島裕之らが、今オフ、相次いで日本復帰を決めた。彼らが米球界に渡ったことの成否は、データ上の数字だけでなく、今後、総合的に周囲が判断するものだろう。ただ、メジャーへの移籍後、再び日本へと戻る動向に、今や違和感を覚えることは、少なくなってきた。プロの選手として、プレーする機会を求める動機に、場所を問う必要はない。日米間の交流、移籍に関する意識は、間違いなく「新時代」になってきた。

 1995年、野茂英雄がメジャーへ挑んだ際、「開拓者」の精神を評価する一方で、野次馬的に、目先の結果を求める傾向は強かった。実際、日本球界内では、優秀な人材の海外流出をレベルの低下に直結させる意見が多く、危機感として捉えられていた。その反面、佐々木主浩、イチローらが太平洋を渡り、オールスター級の活躍をしたことで、日本人メジャーに求めるハードルは確実に上がっていった。だが、幾多の選手がメジャーへ移籍する昨今、今や個々の能力や結果だけを、日本人選手の全体像に一致させる時代ではない。

「日米42球団」の中から選択できる制度にすべきでは?

 日本人選手にとって、メジャー挑戦がかなえることの難しい「夢」ではなく、確かな「目標」になってきたことで、日米間の距離感は、着実に変わってきた。松井稼頭央(楽天)、福留孝介(阪神)ら米国からの復帰組が日本で活躍しているだけでなく、元ホワイトソックスの高津臣吾、元メッツの吉井理人が国内球団の投手コーチに就任するなど、復帰組が指導者になることも頻繁になった。裏を返せば、野球観や練習方法など、日本式と米国流が徐々にミックスされ始めている一端の表れと言ってもいい。米国野球を経験した人材が、日本球界に戻る意義は決して少なくない。

 現行のルールでは、海外FA権とポスティング制度以外、米国へ移籍する手段はない。だが、今後は、FA権取得年数短縮を前提に、日本12球団だけでなく、米国30球団を含めた「42球団」を選択肢にできる制度にすべきだろう。

 近い将来、イチローや松井秀喜らメジャー経験者が、日本球団のトップに立つ時代になれば――。

 球界のシステムだけでなく、ファンの視線も変わっていくに違いない。

関連コラム

関連キーワード
中島裕之
松坂大輔

ページトップ