フットボール“新語録”BACK NUMBER

今、サッカー界で話題の“中西塾”。
指先から眼球に及ぶ、異例の指導法。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2014/12/24 10:30

今、サッカー界で話題の“中西塾”。指先から眼球に及ぶ、異例の指導法。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

スポーツジャーナリストとして活動する一方で、日本サッカー協会の特任理事も務める中西哲生。著書も複数あり、活動の幅の広さは元サッカー選手としても異例の存在だ。

「シュートを打つとき、銃の引き金を引く直前の手の形にすると、
より正確に蹴ることができます」

中西哲生 (スポーツジャーナリスト、元プロサッカー選手)

 今、秘かにサッカー選手の間で話題になっている指導法がある。

 その発案者は中西哲生。名古屋グランパスエイト(現・名古屋グランパス)と川崎フロンターレでプレーした元Jリーガーだ。

 中西と言えば、TVやラジオで活躍するコメンテーターとして知られているが、その一方でサッカーの技術を独自に研究する指導者としての顔がある。そして骨格・筋肉・神経・内臓・呼吸・血流・脳という視点から、オリジナルの指導法に行き着いた。

日本代表を含む10人ほどの選手が集う“中西塾”。

 中西塾、とでも言おうか。

 現在、男女含めて、約10人の選手を教えている。その中には日本代表もいる。

 選手がオフで帰国したときに直接指導することもあれば、動画を送ってもらって国際電話でアドバイスすることもある。もちろん試合中継を見て改善点を伝える。この活動は中西にとってはあくまで“サッカー哲学の追求”で、報酬は一切もらわない。完全無料プライベートレッスンである。

 たとえば、中西がある選手に伝えたのは、「軸足でドリブルする」という技術だ。

 選手が自分の右横にボールを置いて、右に進む場合を例にしよう。普通の感覚なら、右足でボールを蹴りながら進むのではないだろうか。だがこのやり方だと、どうしても足からボールが外側に離れ、敵に奪われる確率が高くなってしまう。

 そこで中西は「右足でボールを押すようにしながら、軸足である左足で地面を蹴って進もう」と指導。するとその選手の足からボールが離れなくなった。

 右足の内側にボールを置いて、左に進むときも、「軸足でドリブルする」という感覚は同じだ。右足でボールを引っ掛けるようにして進めばいい。

 これは中西理論の入り口にしかすぎない。真骨頂はここからだ。

【次ページ】 蹴るときは「手首」と「指先」が大切!?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
中西哲生

ページトップ