SCORE CARDBACK NUMBER

阿武咲と佐藤。日本復権を担う2人の18歳。
~目指す力士像は「貴乃花親方」~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2014/12/21 10:30

阿武咲と佐藤。日本復権を担う2人の18歳。~目指す力士像は「貴乃花親方」~<Number Web> photograph by KYODO

 18歳の初々しい新十両が誕生した。先の11月場所、幕下3枚目の地位で勝ち越し、昇進を決めた阿武咲(おうのしょう)だ。中学2、3年次に「全国都道府県中学生相撲選手権大会」の無差別級で、史上初の2連覇を達成し、卒業後は高校相撲の名門青森県立三本木農業高校に進学。1年生ながら「国体相撲少年の部 個人戦」などの全国大会で優勝すると、高校を中退して阿武松部屋入門を決意した。’13年1月場所の初土俵以来、負け越しなしの破竹の勢いで、わずか11場所でのスピード昇進を遂げたのだ。

 176cm、149kgの丸い体躯ながら、武器はスピードと瞬発力。師匠の阿武松親方(元関脇益荒雄)は、愛弟子の昇進に相好を崩しながらも、「プロの世界はそんなに甘いものではないのだと、指導により力を入れたい。全身のバネを使って相手をいっぺんに持って行く力があり、これを伸ばせば、さらに上を狙う強豪力士になると思う」と熱弁をふるう。

 阿武松部屋は貴乃花一門に属してもおり、阿武咲は、「(同じく)10代で関取になった貴乃花親方が目標です」と、頬を紅潮させてその夢を語った。

「中学横綱」佐藤にとっては阿武咲は最高の好敵手。

 一方、同場所で序ノ口優勝を飾ったのが、貴乃花部屋の佐藤だ。佐藤と阿武咲は同学年で、幼少時から何度も顔を合わせたライバル同士。中学時、最後の対戦となった'11年度「全国中学校相撲選手権大会」では、佐藤が阿武咲を下し、「中学横綱」の称号だけは譲らなかった好敵手である。先駆けてプロ入りした阿武咲の躍進に気がはやったのか、佐藤は埼玉栄高校に在学したまま、今年9月場所に初土俵を踏んだ。異例の「高校生力士」は177cm、145kgで、どっしりとした足腰を持ち、強烈な突き押しが身上だ。「全日本ジュニア体重別選手権」の100kg超級連覇ほか、数多のタイトルを手にした「高校相撲界ナンバーワン」の実力者でもある。

 大相撲人気も復活を見せた2014年。1年納めの場所で、弱冠20歳の新十両として土俵に上がった輝は、千秋楽まで優勝を争い、その将来に期待大。くわえて阿武咲、佐藤の18歳力士が、今後はプロの土俵上で鎬を削る。外国人力士勢に押される相撲界だが、日本人力士復権の萌芽を見てとれる1年となった。“蒙古襲来”を食い止め、逆襲が始まるか。

関連コラム

関連キーワード
阿武咲

ページトップ